おでこ靴が好き! ぼくのおでこ靴をすべて紹介します

ぼくが持っているおでこ靴を写真で紹介したいと思います。

ブログを初めて、5年が経ちました。(アメブロ:2012年7月〜、このブログ:2014年2月〜)

40歳までにワードローブを一通り完成させたいと思い、その過程を残すためにブログを始めました。

当初のイメージしていたのは、世界中の定番と呼ばれる品を少しずつ揃えていき、見事なワードローブを作り上げる感じでした。

靴だと、オールデン990・JM Westonのローファー。この2足は持っていますが、その後は、JM Westonのゴルフ・ハントダービー。世界一の靴屋さんJohn Lobbなんかも手に入れたいと思ったりしていたぐらいでした。

でもその考えは、雑誌 Ginzaのバカ買い特集の平林奈緒美さんのページを見て、大きく変わってしまいました。平林さんの靴コレクションに圧倒され影響を受けてしまい、せっせとおでこ靴を買うようになってしまいました。
 
 

m.a+ : ワンピースダービー


おでこ靴 (1 - 6)

初めて買ったおでこ靴。Ginzaのバカ買い特集で、m.a+というブランドを知って、2週間もしないうちに買ってしまった靴です。

大きな1枚革で足を包み込むミニマムなデザイン。ボリュームのあるつま先。

少し離れたところからみると、コッペパンみたいな感じでたたずんでいるのが、とても愛らしいです。

意外に歩きやすかったこともあり、この数年で一番活躍してくれた靴です。
 
 

m.a+ : ダービーシューズ


おでこ靴 (2 - 6)

ワンピースダービーでm.a+の虜になってしまったぼくは、普通のダービー(外羽根)の短靴も持っています。

ラストは同じはずなのですが、ワンピースよりこちらの靴の方が、セクシーなシルエットをしています。

別パーツで外羽根が付いているせいか、土踏まずあたりのフィット感がタイトで、見た目もくびれています。そして、つま先にはとてもボリュームがある。とてもメリハリのあるシルエットをしています。

m.a+の2足の素材は、カーフレザー(ヴァゲッタレザー)です。基本カーフなので、雨の日に履くことが出来るのも良いポイントです。とても重宝しています。
 
 

C-Diem : 6ホールブーツ


おでこ靴 (5 - 6)

C-DIEMの6ホールブーツは、世界一美しいブーツです。

そして、ルパン三世が履いていそうなブーツ。Ginzaで平林奈緒美さんの靴コレクションの中にあるこのブーツを見て、ルパンの靴を思い出したぼくは、それ以来、ルパンの靴が理想の靴になり、おでこ靴の虜になってしまいました。

色が、ブラックではなくブラウンなので、あまり履くことはないのですが、オリジナルのC-DIEMでしかも素材がホーウィン社のコードバンなので、半分コレクション的な感じで所有しています。たまに引っ張りだしてきて、ニンマリしています。
 
 

C-Diem : 7ホールブーツ


こっちは、丈の長いバージョンのC-DIEM。

素材は、C-DIEMお得意のデストロイホース。リバースレザーにワックスを塗りこみ磨き上げた革なので、使っていくと、擦れる部分がスウェードのようにガサガサになって、良い表情になっていきます。

つま先の部分が良い感じの雰囲気になっています。

おでこ靴 (6 - 6)
 
 

M_Moriabc : ダービーシューズ


こちらは、最近紹介したM_Moriabcの短靴。

手入れをせずにラフに履いていくつもりなので、7ホールブーツに近い表情になるんじゃないかと、楽しみにしています。

購入して数ヶ月。毎週末、履いているのですが、全く表情に変化がありません、、、

良い表情になるには、何年もかかるのでしょうね。

おでこ靴 (3 - 6)
 
 

さいごに


妻からは、”こんなに同じような靴ばかり買って何がしたいの?”と言われます。

そんな時は、”一つのものにこだわるのが、男のロマンなんだよ。”と答えるようにしています。

多分これからも、おでこ靴をせっせと買い集めていくことでしょう、、、、。

おでこ靴 (4 - 6)
 
 


関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2017-10-08 | Posted in Blog, まとめ記事No Comments » 
Comment





Comment