おでこ靴大好き!(ベルルッティくん仲間はずれのもう一つの理由)

P1130353

Basic&Favoriteです。

先日の投稿で、”仲間はずれのベルルッティくん”の話をしましたが、仲間はずれになっていたもう一つの理由をお話したいと思います。

上の写真は、今は無き伝説のブランド”C-DIEM(カルペディエム)”のブーツです。このブーツが昔から好きでした。(とは言っても、ベルルッティ購入の2006年以降ですが、)

すごく欲しい気持ちがあったのですが、お値段が高かったことと、品薄でなかなか実物に出会えないこともあり、購入出来ないまま月日は経って行きました。そうしているうちに、このブーツは忘却の彼方へ。

すっかり頭の中から忘れ去られていたのですが、、、、昨年のGINZA8月号バカ買い特集にて、平林さんがこのブーツを何足もお持ちであることが判明。これで、私の中のある意味”やる気スイッチ”が押されてしまいました。

”欲しい!欲しい!欲しい!”

そんな欲求を満たすために、m.a+(エムエークロス)の靴を買ってしまったのは、Hello Goodbyeからご覧いただいている方なら、ご存知のことと思います。。。。

いろいろ、1年前を振り返ってしまいましたが、要は私は、”おでこ靴が好きなのです。” m.a+(エムエークロス)の短靴もおでこ靴、そして最近購入したA1923も、カルペディエムの靴ほどおでこ靴ではありませんが、つま先にボリュームがあります。

さらに良くなかったのは、ポールハーデン病の時に、寝ても覚めても見ていた”Le 21eme/Paul Harnden Achieve”。ポールを格好良く着こなしている人の足元は、ほとんどがおでこ靴! ”おでこ靴でないとオシャレじゃない”とすっかり洗脳されてしまった感じでした。

一方で、ベルルッティくんは、格好は良いがつま先が”ポインティッドトゥ”。つま先のシルエットで、仲間はずれにしてしまっていたのです。

靴のつま先のシルエットって、時代によって流行があるものだと思います。(ポールハーデンですら、初期に超ポインティッドな靴があったりもしました。) でも、目指すところの大人のワードローブはそんなファッション紙が作り出す流行に、影響されないようにしたいものです。これからは流行に関係なく、自分が好きなものであれば、つま先が尖っていようが、丸まっていようが、同じように愛情をかけて履いて行きたいです。

ちなみに写真のカルペディエムの靴ですが、ヤフオクで掘り出し、買ったはいいが、サイズが1サイズ大きかったため、すぐに手放してしまいました。写真は手放す前に、記念に撮っておいたものです。(マイサイズ40のカルペディエムは、全く出品されません。。。。)1度本物を見てみたかったこともあったので、手放してしまいましたが、良いものを実際に見ることが出来、良かったです。

それにしても、おでこ靴病感染源のこの靴。半端ないおでこ感ですね。m.a+くんも、A1923くんも、このおでこ感を超えることは出来ません。。。。やっぱりこれを見ても、カルペディエムはすごいブランドだったんだな〜と思ってしまいます。今でもこのブーツが、世界一格好良いブーツだと思っています。”ヤフオクで見つかんないかな〜”なんて、ネットサーフィンをたまにしています。(下記のリンク先をチェックしています。こりない私です。)

<ヤフオク検索リンク=>カテゴリー:”カルペディエム/靴” & キーワード:”ブーツ”>

P1130356

P1130357

P1130376


関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2014-05-07 | Posted in BlogNo Comments » 
Comment





Comment