カルペディエムのブーツ:Carpe Diem / 6 hole lace up boots

Basic&Favoriteです。

私の理想のブーツ、カルペディエムのおでこブーツを、程度のよい中古で手にいれることができました。

P1180268

レアなマイサイズ40、アッパーの状態も良好、ソールのカルペバッチも残っている! 着用回数10回程度ぐらいの良品を見つけしまったので、思わず触手が伸びてしまいました。。。(当然のことですが、妻に怒られました。)

P1180249

P1180252

P1180263

P1180264

目ざとい方は、写真を見てお気づきかもしれませんが、このブーツ、ホーウィン社のシェルコードバン製です。

購入時、商品説明に素材についての説明がありませんでした。でも、そのツヤ感から、”これってコードバンなんじゃない?”と、ちょっと期待して購入しました。ブーツが手元に届いて、アッパーの裏側を探してみると、、、、、ありました! ホーウィン社のスタンプの端っこが。(靴の奥過ぎて、写真が撮れませんでした、、、、)

特に、コードバンにこだわりがあって買ったわけではありませんが、買った靴がレア素材になっているホーウィン社のコードバンだったので、とても嬉しくなってしまいました。(結局、ミーハーで、レアもの大好きの私なのかもしれませんね。。。)

先のオールデン990に続く、2足目のコードバンの靴。一方は、アメリカ製の靴らしい無骨な作り。もう一方は、デザインを追求したアルチザンの靴。同じホーウィン社のコードバンでも、全く性格の違う2足がどんな風に育っていくのか、今から楽しみです。

ちなみにですが、このブーツのメンテナンスで悩んでいることがあります。

カルペディエムのようなアルチザン系には、”靴はメンテしない”という暗黙のルールがあるそうです。例えば、A1923の箱には、”Do not handle with care(丁寧に扱うな!)”と、挑発的気な文字が書いてあったりします。でも、今回買ったのは、ピカピカに磨き上げるのが醍醐味のホーウィン社のコードバン靴。全然手入れをせず、デストロイホース的な感じで履くか、やっぱりピカピカに磨きながら履くのか、どちらの方針で履きこんでいくのか迷っています。

デストロイホース風に履くのが格好良いのでしょうかが、、、、ピカピカに磨きたい欲求に勝てず、たまに磨いちゃうと思います。エイジングの様子は、また別の投稿でお話ししたいと思います。

Basic&Favorite

P1180338


関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2015-10-11 | Posted in Aging, Blog, Favorite, Shoes2 Comments » 

コメント2件

  | 2015.11.15 18:05

はじめまして、いつも楽しみに拝見しております。
カルペディエムのブーツの状態の良いものはなかなか出回っていませんから、よい出会いでしたねー羨ましいです!
また是非経年変化をあげてくださいね!

 Basic&Favorite | 2015.11.28 23:57

梓さん、こんにちは。
B&Fです。

コメントありがとうございます。
このブーツを見つけられたのは、本当に運が良かったです、、、

エイジングの様子は、別の投稿で紹介したいと思います。
すでに、雨に打たれたしして、手に入れた時のツヤはなくなり、マットな感じで履いています、、、

Comment





Comment