”タンタンがお手本” 松浦弥太郎とポールハーデン

先週末、久しぶりに行きつけの”Ripe Ark”に行き、ポールハーデンの秋冬の話で盛り上がりました。

その中で、ブロンズ(ベージュ色)のマックコートの話題になったので、店員さんに、マックコートの由縁というか元ネタを、お話ししました。そして、ブロンズのマックコートの人気の理由を説明し、”仕入れた方がいいですよ”、とお伝えしました。

ご存知の方も多いと思いますが、今回はマックコートの由縁について書きたいと思います。

マックコートの元ネタについては、松浦弥太郎さんの”日々の100”の中のP28”タンタンがお手本”という話の中で紹介されています。タイトル通り、”タンタンのコート”がマックコートの元ネタです。

タンタン

”日々の100”をちょこっと引用。(上の写真も引用。)

 ロンドンの港町ブライトンにポール・ハーデンという靴屋がある。デザイナーのポール・ハーデンはカナダ出身で、四年前にバンクーバーを旅していた時に、たまたま帰国していた彼に出会って仲良くなった。どんな靴を作っているのか聞くと、「タンタンの履いている靴をお手本にしているんだ。少しだけ洋服も作っているけれど、それもすべてタンタンの来ている服を真似て作っている」と彼は言った。自分と同じようにタンタンをお手本にしている人がいると知って嬉しくなった。偶然の奇跡。

 日本に帰ってから、彼からプレゼントだといってステンカラーのコートが届いた。それを着た僕はますますタンタンになった。

「タンタンの来ているコートの色がブロンズなので、人気があるんです。」と、店員さんに説明しました。

「”マックコート”はレインコートという意味で、”マック”とは、マッキントッシュの略なんです。」という知識もひけらかしてしまいました。これも前にブログで紹介しましたが、下の動画の中で、UAの栗野さんが説明されています。

余談ですが、マックコートの素材に使われているベンタイルコットンは、水をよく弾きます。とても機能的です。アークテリクスのゴアテックスよりも、よくはじきます。初めて手洗いをする際、水をかけてもかけても、浸透していかないので、とても困ったことをよく覚えています。

つらつらと、知っている知識をひけらかしてしまいましたが、あまりブログのネタもないので、こんな投稿もお許しください。

ちなみに、”日々の100”の別のページに”ポールハーデンのシャツ”が紹介してあります。ポールとの出会いが書いてあり、こちらのエッセイもとても面白いです。ちなみにポールのシャツは、出会った記念にもらったものだそうです。

メディアへの露出がほとんど無いポールハーデンについての、面白いエッセイが書いてある”日々の100”は、ポールハーデン好きな人の隠れバイブルだと思います。

Basic&Favorite

 
Ads by Amazon




関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2015-03-25 | Posted in BlogNo Comments » 
Comment





Comment