ボーダー=コスプレ? (ボーダーシャツのコーディネート)

P1150131

おはようございます。Basic&Favoriteです。

今回は、前ブログで紹介したコムデギャルソンのボーダーについてのお話をしたいと思います。

私と同じ年代で、目ざとい方はお分かりかと思いますが、上の写真はカート・コバーンのコーディネートの真似です。つまり、カート・コバーンの”コスプレ”。

前ブログでも、ボーダーシャツをコスプレ気分で着ていますとお話しましたが、最近、ジャックパーセルを買ったことで、カートの着こなしそのものが出来るようになりました。というわけで、ちょっと写真を撮ってみました。

また、最近、”日刊イトイ新聞”のなかで、ボーダーシャツに関するコンテンツ(ほぼ日ボーダー研究所)を見つけ、その中にある”ボーダーはコスプレ”という特集に、それに非常に共感してしまったのも、今回の投稿につながりました。(一連のほぼ日ボーダー研究所のコンテンツは、とても面白いですよ。昨年は、Yaecaさんと一緒にボーダーを作ったりしています。)

ボーダーシャツと言えばカートコバーンを思い浮かべるのですが、みなさんもボーダーシャツと聞いて思い浮かぶ人がいませんか?

私は、カートコバーン以外にも、フランスのイメージが強く、ほぼ日にもあるようにシャルロット・ゲインズブールやジェーンバーキンが着ているイメージがあります。また、オーシバルのボーダーを見ると、ピカソが思い浮かんでしまいます。(赤白ボーダーだと、楳図かずお、、、)

ボーダーシャツって、こんな感じで、特定の有名人のイメージを思い浮かべてしまいます。なので、着る際は、ちょっとコスプレ気分になってしまいます。(私自身はカート気分で”にんまり”しながら着ているのですが、それに気付いてくれる人はいません。。。。)

でも最近は、ボーダーシャツを着るのに少し抵抗があるというか、大人の着こなしとしてふさわしいかな〜?と思っています。一番の理由は、”えり”がついていなくて、とてもカジュアルな感じがするからです。それに加えて、会社の飲み会になんかに着ていったりすると、目上の人から”囚人服?”なんて言われることも。

若い頃は、好き格好をすれば良いと思うのですが、大人になると”他人からの見え方”みたいなものを意識する必要もあるのかなと思います。そう考えると、いつの日か、ボーダーシャツとお別れしないといけないのかもしれません。冷静に、40歳がボーダーを着ているのをイメージすると、、、、やっぱり難しいかなと思います。

そうは言っても、ボーダーシャツが好きな私は、ずっと着続けたいという思いもあります。ファッションにあまり興味が無い方から”囚人服?”と言われることのない、素敵な着こなしが出来るようになれば、また、ボーダーを自分のアイコンとして着こなすことができるようになれば、40歳を過ぎても着続けたいです。

まあ、大人の着こなしにいろいろと迷いがあり、自己矛盾だらけでよこしまな今の私にとっては、ボーダーシャツはピッタリのアイテムと思って着ていている今日この頃です。

今日の投稿も、最後よく分からない展開になってしまいましたが、これでおしまいにしたいと思います。

Basic&Favoriteでした。

P1150126


関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2014-05-31 | Posted in Blog, CoordinateNo Comments » 
Comment





Comment