レッドウィング:アイアンレンジ 8111/ Red Wing : Iron Ranger 8111

Red Wing : Iron Ranger

おはようございます。Basic&Favoriteです。

急に、レッドウィングのブーツが欲しくなり、それでも2ヶ月ぐらい悩んだのですが、買ってしまいました。それがこのアイアンレンジ(英語だと、Iron Ranger)です。

きっかけは、いつもコメントをいただく方に紹介いただいた、Clutch Magazine 2014年12月号。その中で、”編集長愛用の靴”という、国内外の有名ファッション誌の編集長の自慢の靴を10足紹介する特集がありまして、”ヘリテージポスト”の編集長が4足もポールハーデンを紹介されています。どれも10年近くはき込まれ、見事な貫禄が出ているものばかりです。それが見たくて買ったのですが、

その前のページで、”ダイスマガジン”の編集長が1足目に紹介していたレッドウィングのアイアンレンジを見て、すっかりやられてしまいました。かなりはき込まれクタクタになっているのですが、その風貌と貫禄がすごいのです。

そこから、欲しい病が少しずつ進行していきました。”私も、クタクタになるまで履きこみたい!” 

ただ、既に十分な靴があるのと、”1個買ったら1個捨てる”が口癖の妻を説得するには、容易でありません。(秋には、A1923のブーツもデリバリーされてしまうという状況もあり、、、)

そんな状況で”言い訳”として考えたのが、”子供と一緒に公園に行く時の靴がない”でした。

実際、m.a+とかそっち系の靴ばかり買ってきた弊害が少し出てきていました。これまでどこに行くにも、m.a+かA1923のダービーシューズを履いて出かけていました。もちろん、子供と公園に行く時もです。

ただ、公園だけは、靴への負担が大きいようで、傷がついたり、細かい砂が、ソールとアッパーの間に挟まったりして。m.a+なんかはコバが張り出していないタイプというか、逆にアッパーが張り出しているデザインで、よく細かい砂が入ります。

特にヘビーローテーションで履いてきた、ワンピースのm.a+は、履いてきた期間以上のエイジングを見せています。

”ちょっとでもm.a+、A1923への負担を減らし、公園では何も気にせず思いっきり子供と遊びべる靴という条件にあてはまるのが、このレッドウィング アイアンレンジなんです。靴もTPOに選ばないとだめだよね?” と妻を説得し、購入に至った次第です。

6月からレッドウィングの値段が上がることも、購入の後押し(いい意味で?)となりました。

長々と書いてしましましたが、単なる”言い訳”ですね。。。(笑) それでは、履きこむ前の新品の状態のレンジャーくんをごらんください。

P1180068

P1180077

P1180087

P1180113

P1180115

右足は、少し室内で履き慣らしをしました。トゥキャップの上の部分の外羽根のシューレスの前の部分に少し皺が入っています。それと、全く履いていないものと比べて、アッパーの横幅が広がっています。手元に届いた時は、正直”格好悪いな・・・”とちょっと思ってしまったのですが、履いていくうちに格好良い靴に育っていきそうです。

いつもなら、黒い靴を買うところですが、今回はエイジングの仕方を楽しみたいと思い、ブラウンのレザーを選びました。それを見た妻からは、”本当に履くの?”と鋭いツッコミが入っています。

それを払拭するために、これまでもほぼ日課だったのですが、休日に子供たちを公園に連れていくのが、MUSTのタスクになってしまいました。今日も、この後、準備が出来次第、公園に出かけてきます。

取り留めもなく書いてしまった、長い”言い訳”に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

エイジングの様子は、半年〜1年後に投稿したいと思います。

Basic&Favorite
 
 

レッドウィング アイアンレンジの商品を見る


 ▶︎ Amazon
 ▶︎ 楽天


関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2015-06-07 | Posted in Blog, Shoes4 Comments » 

コメント4件

 sthm | 2015.06.17 16:24

B&Fさん、こんにちは。

sthmです。 

Red Wing の Iron Ranger を入手されたんですね。経年変化が楽しめる一足ではないでしょうか。

実は私も先日オールデンのミリタリープレントウのカーフ・ハンターブラウンを購入したばかりです。

何故か革靴はオールデンかポールハーデンに行き着いてしまうので、困ったものです。

最近とみに輸入品の価格上昇に歯止めが掛かっておりませんが、先日偶々青山のウエストンの前を通りかかったので、大昔から唯一気になっていたハントダービー(ドゴールなんて呼ばれたりもしていました)がどれ位上がったのか聞いてみましたら、何と24万円が29万円になっており、税込価格が軽く30万円を超えておりました。

とうとう既成靴の価格が注文靴の価格帯にまで到達してしまい、ハントダービーは永遠に遠退いていった気がします。

気品溢れるデュプイのボックスカーフに(何故かハントダービーに強く感じるのですが)、アッパー側面に輝くノルウィージャン製法によるハンドステッチ、トウ側のスキンステッチ&シャドーステッチと、その魅力は尽きませんが、10万円台後半の時に清水の舞台から・・・などと思っても時すでに遅しです。

話がかわりまして、今月発売の別冊『メンズ プレシャス』に何と「伝説の男たちが愛した魂の銘品」という事で、加藤和彦さんとポールハーデンが94ページに紹介されていました。

不確かな記憶で、加藤和彦さんもポールハーデン着てたよなぁ~と思っていたのですが、やっぱりそうだったのかと、確認する事が出来ました。

お時間がある時にでも軽く目を通して頂けたらと思います。

 Basic&Favorite | 2015.06.21 6:43

sthmさん、こんにちは。B&Fです。

メンズプレシャス読みました。やっぱり、加藤和彦さんもポールハーデンを愛用されていたのですね。しかも、セットアップで。ジャケットを数着しか持っていない私なのですが、”加藤さんが愛用されていたものに私も袖を通している!”と思いで、ポールハーデンを着る喜びが1つ増えました。情報ありがとうございました。

いつか、私もセットアップでPHを着たいものです。パンツはサスペンダーのワイドパンツ。以前紹介いただいた、藤本やすしさんのようなセットアップで。ただ、近年のPHの値上がりを見ているとセットアップで買うとなると、それなりのお金が必要なわけで。いつになるかわかりませんが、フィーリングのあう素材で発売されたときに買い逃さないよう、コツコツと500円貯金をしているところです。。。。。

オールデンのハンターブランのミリタリーラストを購入されたのですね。US Navyのサービスシューズのようなシンプルで洗練された形。プレーントウだけに、ラストの良さが感じられる素敵な靴ですね。しかも、カーフのハンターブラウンの雰囲気も素敵です。ホーウィン社のコードバンが絶滅危惧種状態ということもあるのですが、オールデンのカーフを買うという選択はありですね。US Navyのサービスシューズのアップグレード版的な位置づけで、ブラックカーフのミリタリーラストのプレーントウが欲しくなってしまいました。。。。

実は、私も最近ブラウンの靴をもう一足買ってしまいました。中古のカルペディエムの6ホールのおでこ靴ブーツです。まさにハンターブラウンのような少し明るめのブラウンのブーツです。楽天を検索していたら見つけてしまいまして、素材がコードバン、ほとんど履いた履歴がないようなミントコンディション、そしてレアなマイサイズ40。という3つの条件がそろってしまったので、コツコツためていた500円貯金箱を缶切りで空け、購入資金にあてた次第です。

手元に届いてからわかったのですが、なんと、靴の裏側にホーウィン社の刻印が!!! たぶん、10年以上前のものだと思うのですが、絶滅危惧種の革の靴を、ミントコンディションで手に入れることができ、久しぶりに胸が高鳴るというか、大人気なく嬉しくなってしまいました。

私の場合、行き着く先がおでこ靴なのが、いつまでたっても治らない病気です。(妻からは、またなの?みたいなリアクションをされています。。。。)

JM Westonのドゴールは、素敵な靴ですよね。買うかどうかは別にして、JM Westonの代表モデルなので、ショップに行った時は靴の美しさを鑑賞します。あの独特のノルウィージャン製法は、職人技が光る美しい仕上がりです。余談ですが、私の好きな松浦弥太郎さんの”いつもの毎日。”という本の中の”靴について”のエッセイがあり、そこに手書きの靴の絵が挿入されているのですが、これがどう見てもドゴールなのです。松浦弥太郎さんも愛用されているのかもしれません。なので、いつかは触手がドゴールに伸びてしまう可能があります。。。。

輸入品の価格上昇は、困ったものですね。今は少し落ち着いていますが、円安トレンドで秋にデリバリーされるA1923のブーツの価格がいくらになるか、いまからヒヤヒヤです。PHとか、私たちの購入対象は、完全にインフレ目標2%をクリアしちゃってて、、、ほんと、困ったものです。。。。

  | 2015.06.19 7:42

ウチの主人も、Red Wing のブーツがスキで
いくつも持っていますよ。
私がスキなのは犬タグがカワイイので
その種類のかな。

New Balanceは加水分解しちゃって
ビンテージには向かないっぽいけど
このブーツは、何十年と持ちそうですね。

 Basic&Favorite | 2015.06.21 6:59

都さん、お久しぶりです。B&Fです。

コメント、ありがとうございます。

Red Wingって、いいですよね。

最近は少し遠ざかっていたのですが、少し思いのあるブランドで、

私に初めて買った本格的なブーツが、Red Wingのアイリッシュセッターという赤みが入ったブラウンのブーツなんです。アイリッシュセッターは犬の名前で、タグが犬なので、都さんが好きなRed Wingはこれかと思います。

高校生だった当時、フォローしていた小山田圭吾くん(コーネリアス・フリッパーズギター)が、音楽番組にアイリッシュセッターを履いて出ていたのをみて、急いで靴屋に探しにいったのを、今でも鮮明に覚えています。(20年前のことですが、、、、)

そのアイリッシュセッターくんは、15年ぐらい履いたのですが、最後の2・3年全く履いていなかった時期があり、妻の断行した”1年以上使っていないものは売るプロジェクト”で、手放してしまいました。

今になって考えると、海外の有名ファッション雑誌の編集長で、Red Wingを愛用されている方が多く、15年共にしたアイリッシュセッターくんを手放さなければよかったな〜、と最近少し後悔しています。

New Balanceは、加水分解があるので、”なまもの”的な賞味期限付きの靴ですよね。私の方は、M1300JPを手放したぐらいから、NBをほとんど履かなくなり、もっぱらおでこ靴ばかり履くようになってしまいました。

おでこ靴軍団が、どう育っていくか、10年、20年後が、今から楽しみです。

Comment





Comment