一番好きな洋服! ポールハーデンのブレザー

最近、ちょっとベーシックでトラッドな感じに回帰しようと思っているのですが、、、、やっぱりポールハーデンの春夏のブレザーが、ワードローブの中で一番好きです。宝物です。本当は毎シーズン買い足したいけど、今は値段が値段でそういう訳にも行かず、この1着を大切に着ています。

今日は、久しぶりに春夏のブレザーの話をしたいと思います。

P1140307
 
 

ポールハーデンのブレザーの魅力


このブレザーの魅力は3つあります。

1つ目は、シルエット・独特のテーラーリング

よく空気を包み込んだようなシルエットと表現されます。確かに、背中周りはジャストフィットなのに、胸の周りは余裕があります。この独特の感じがとてもいいんです。この感じはいくらうまく言葉で説明しても伝わらないと思いますので、お店で見かけた際にぜひ試着してみてください。(でも、着ると本当に欲しくなってしまいますので、ご注意ください。)

ディテールは、戦前のアンティークのジャケットがモチーフになっているようです。ピークドラペル、ボタン裏の革当て、白いコットンの裏地等々、ディテールはアンティークのジャケットです。それを、独自のテーラーリングで、唯一の無二のジャケットに進化させた感じです。

ロンドンのホームレスが来ているジャケットをモチーフにしたジャケット説もあります。確かに、ちょっと野暮ったい。でも不思議と前衛的な感じもする。本来なら共存しない前衛的な感じと野暮ったい感じの2つが入り混じっているとても不思議なジャケットです。

だから、モード系?アルチザン系?の方から、ニックウースターみたいなアメリカントラッドの進化系的な方まで、いろいろな人が愛用しています。
 

2つ目は、素材

ジャケットに限らずですが、ポールハーデンは毎シーズン同じ型の服を繰り返し作ります。違うのは素材。この素材がスペシャルな感じなんです。ポールハーデンが好きな方は、”素材を買っている”という感覚があると思います。

英国の名産といえば、ツイード! (正確にはスコットランドですが、、、)

ハリスツイードが有名ですが、よく見るツイードみたいに整った綺麗な生地ではなく、新品なのにほつれや、織りにムラがあったりします。たぶん、昔ながらの作り方で、手をかけて織っているのでしょう。

この素材感も、野暮ったい感じを演出していてとても良いです。愛らしいです!

ポールハーデンのブレザー:Paul Harnden Blazer
 

3つ目は、とにかく着ると毎回テンションが上がること

どんな服でも、買ったばかりの頃は、嬉しくて着るとテンションがあがるものですが、そのテンションも来ているうちにどんどん低くなっていくのが、普通だと思います。

でも、このブレザーは、着るたびに嬉しくなってしまい、テンションが上がるんです。持っている服の中で、こんな感じになるのは、このブレザーだけです。
 
 

お気に入りのコーディネート


本当なら、上下セットでポールハーデン! と決め込みたいところですが、上下セットとなると金額的にすごいことになるし、ぼくの住んでいる宇都宮では確実に浮いてしまうので、普通の服に合わせています。

ポールハーデンのブレザーのコーディネート1

これが基本のコーディネート。YAECAのシャツに、ジーパン、m.a.+のダービーシューズ
 

ポールハーデンのブレザーのコーディネート2

最近は、ジーパンだけでなく、他のボトムスにも合わせて、ちょっと着まわし感を出しちゃってます。これは、Scyeのチノパンとのコーディネート。
 

ポールハーデンのブレザーのコーディネート3

こちらは、ナイジェル・ケーボンの軍パン(M51)とのコーディネート。最近購入した日本製のオールスターを合わせた春らしコーデだと思っているのですが、ぼくにとっては珍しいコーティネートなので、妻からは、”なんか変!、違和感がある”、と言われています、、、、(涙)。 でも、最近のコーデの中で、一番気に入っています‼️
 
 

さいごに


最後までお読みいただき、ありがとうございます。今回は、こちらの昔の購入時の投稿をリライトしようと思って、新しい投稿を書きました。

文章を書いていると新しいブレザーが欲しくなってしまいますね。今シーズンの春夏の素材もよかったんです‼️ でも、今は金銭的に新しいのは買えないので、これからもこのジャケットを大切に着て行こうと思います。

上下セットアップも、今は夢のまた夢。100のリストの1つにしておこうと思います。

Basic&Favorite
 
 


関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2017-03-12 | Posted in Basic&Favorite, Blog, Coordinate, Favorite3 Comments » 

コメント3件

 sthm | 2017.03.18 7:15

B&Fさん、こんにちは。

sthmです。

随分前に、PHもほぼ上がりですとお伝えして約1年半が経ちましたが、やはりもう一枚ジャケットが仲間入りしました。既に半年前にオーダーしていた、黒のサマーウールのジャーキンです。

メンズマック5着、マックジャケット、メンズブレザー6着、ニューブレザー、ベンタイルパーカー、メンズジレ、メンズシャツ8枚、メンズニット5枚、メンズジーンベルト2本、PH3/4足、PH7/3足というワードローブの中に、初のジャーキンが仲間入りしました。これで、やっと理想の形になったようです(汗)

この間PHを何も購入しなかったかというと、実は小物類を数点買いました。ポークパイハットのラビットファーのブラック、ブラウン、ストローハットのブラック、ウィート、ホーロー仕上げのコートラックなんかを買ってしまい、財布類を含めますと、PHの所有アイテム数は何と45点近くになっておりました(汗)&(笑)

20年近くも購入し続けて来たデザイナーブランドはポールハーデンのみで、その唯一無二の存在は他にはありません。今でもブライトンで自らの手を使ってコツコツと靴を造り続けている姿勢が、ブレのないモノづくりとデザインを提供し、それを愛するファンが世界中にいるのだと思います。

B&Fさんの上下セットアップが紹介される日を楽しみにしております。

 Basic&Favorite | 2017.03.19 6:22

sthmさん

お久しぶりです。B&Fです。

サマーウールのジャーキン良さげですね! 

ぼくもチェックしたんですけど、17SSの黒のファブリックはウール100%で、とてもいい感じですね。いつもブラックはちょっとよれ感のあるウールリネンですが、さらりとしていて品のある素材ですね。

いつも行く、RIPE ARKでブレザーを試着したのですが、買いそうになりました。 マイサイズのSがなかったので、なんとかやり過ごしましたが、、、。秋冬でツイードのジャケットを買っていなかったら、間違いなくDSMに電話&取り置きで、銀座に直行したことでしょう。

ちょっと前から、出張などの仕事の時にも着ることが出来るPHのジャケットを探すプロジェクトを、個人的に進めていて、今回の春夏素材はバッチリの素材感だったのですが、お金的な問題でスルーすることにしました。

それにしても、うらやましいポールハーデンのコレクションですね。

最近はベーシックでトラッドな感じのコーディネートにしたいと思っているので、今はPH病は小康状態なのですが、ニックウースターみたいにトラッドだけどジャケットはPHみたいな感じに憧れているので、メンズブレザーを増やしたいと思っています。

上下セットアップは夢のまた夢ですが、是非実現したいです。

上下セットアップだと、”やっぱりハットも買わなきゃな”とか、サスペンダータイプのクロップドのジーンにしたいので、”タックインするシャツもPHかな?”とか、”これだど、時計仕掛けのオレンジだな? じゃあ、ブーツもごついPHのワークブーツか? 杖も買うか?”、”40前後のいい年した大人が、ウルトラバイオレンスか? 悪くない!” とかとか。

妄想だけで、お腹を膨らましているところです。

Basic&Favorite

 cabbage | 2017.03.19 20:13

B&Fさん、こんにちは。
そしてはじめまして。

いつも楽しく拝見しております。
ポールハーデン病の一人であります。

MAcコートは2着持っておりましたが
いつか、いつかと思っていた、メンズブレザー今期Sサイズを先程ドーバーにて飛び降り気分だか飛んでけ気分だかで購入してしまったため、コメントさせていただきました。

散財した帰りにドーバーに寄ったので財布の紐は相当締めたはずですが。・・・

正直同じ素材のノーフォークジャケットとロングブレザーと迷いに迷って初ブレザーとなりました。

店員さんとも話し合ってロングブレザーは秋冬素材の方がよいのではということで今回断念しましたが、、、

春は、B&Fさんとは違った、ブルーのシャツかストライプのシャツで某下町を闊歩したいと思っております。

店員さんいわく、クシャクシャにして
ワンシーズンに一回洗濯機にぶち込んで縛った上乾燥機でしわくちゃにして乾燥するくらいでいいとの話でしたが、大事にしすぎないように着倒したいと思っております。

ポールハーデン病お大事になさってください。

Comment





Comment