芋焼酎 赤霧島と赤兎馬

赤霧島

みなさん、黒霧島という芋焼酎はご存知だと思います。今や日本中どこに行っても買うことの出来る、芋焼酎のデファクトスタンダード的な存在になっていると思います。

それに、”赤い”タイプがあるのをご存知でしょうか?

世の中、何でも通常タイプが赤いタイプになると性能が格段に上がるものです。ガンダムでいうと”シャアザク”。車でいうとHondaのスポーツカー”TypeR”。などなど。

この”赤霧島”も、例外にもれず、ベースの黒霧島を大きく上回るおいしい焼酎になっています。黒霧島より甘く、甘いがすっきりした感じ。黒霧島は、良い意味でも悪い意味でも”芋感”がして、苦手な方もいらっしゃると思いますが、”赤霧島”は芋焼酎独特の嫌な風味ま全くしない、非常に飲みやすい焼酎です。というか、黒霧島とは全くの別物と思った方がよいでしょう。

その秘密は、使っている素材の芋にあるようです。ただのサツマイモではなく、紫芋を使っているために、甘さ・スッキリ感が実現出来ているようです。

会社でも赤霧島は密かなブーム。会社の飲み会で幹事をすると、必ずと言っていいほど、上司から”赤霧島”はある? と言われます。

黒霧島の約1.5倍のコストですが、おいしさは2倍・3倍と違います。

ここ数年来続く芋焼酎ブームで、かなりの高額で取引される焼酎も少なくないですが、それらにお金を使うのは、個人的にはどうかと思います。確かに、魔王や森伊蔵は、独特の華やかさをもった焼酎ですが、所詮は芋焼酎。ブームの前は、2,000円ぐらいで購入出来ました。(私は学生時代を福岡ですごしていました。2000年当時、魔王なんて普通の値段で買えました。それを知っているだけに、落ち着いたとはいえ、この値段の高騰はどうかとおもいます。)

焼酎については、赤霧島のように”安くておいしいお酒”を楽しむことが、健全だと思います。
ただし、日本酒は高ければ高いだけ、美味しいものが飲めます。(とは言っても、上限が1万円ぐらいですが。)他のページで紹介している”越乃景虎の大吟醸”は一升瓶で1万円しますが、これを飲んでしまうと他の日本酒が飲めなくなってしまいます。

ちなみにですが、赤兎馬(せきとば)という焼酎もオススメです。これは、数年前に言った九州旅行で出会った焼酎。美味しくて博多の酒屋をはしごして3本ばかりお土産として買って帰ったのを覚えています。こちらにも、紫芋タイプがありますので、飲み比べてみると楽しいかと思います。





関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2014-01-23 | Posted in おすすめアイテムNo Comments » 
Comment





Comment