3年履き込んだフルカウント 0105XX

3年前、宇都宮のジーパン屋Hooperの正月の初売りセールで購入したフルカウント0105XX。3年間履き続け、いい感じの色落ちになりました。

今はResolute710がすごく人気があるようで、Instagramでセンスを参考にしたくてフォローしている人のほとんどがリゾルトのジーパンを愛用されているのですが、、、

ぼくは基本的にフルカウントのジーパンしか履きません。

学生時代、憧れていたオシャレな先輩がフルカウントのジーパンを履いていて、それを真似して履くようになりました。色落ちの感じも良かったので、それ以来レプリカジーンズはフルカウントを好んで履くようになりました。

今4本ジーパンを持っていますが、1つはリーバイスVintage Clothingの501 66タイプですが、他の3つはフルカウントのジーパンです。

Resoluteを履いてみたいとも思うのですが、一途な性格なのか?、ただ新しいものを試すのが億劫なだけなのか?、一度気に入ったモノを繰り返し買ってしまいます。(ポールハーデンもおでこ靴もそうです、、、)

今はあまり人気のないフルカウントかもしれませんが、ぼくのお気に入りのフルカウント0105XXが、3年履き続けたらいい感じになったので、今日はそのエイジング・色落ちについて書きたいと思います。

フルカウント0105XXの色落ちエイジング1

最低でも月に1回は、洗濯と乾燥機での乾燥を続けてきました。そのおかげか、両サイドには強いあたりが出ていて、本物のヴィンテージジーンズのような感じになりました。

フルカウント0105XXの色落ちエイジング4

色落ちの感じは、もう少し鮮やかな青を期待していましたが、若干黒みがかった濃い青になってきました。

昔履いていたフルカウントはもう少し鮮やかな青だったような気がするのですが、、、、

このジーパンは、昔はなかったXXという厚い生地を採用しているモデルです。昔は履いていたのはフルカウントお得意のライトオンス13.8ozのジーパンだったので、生地の違いもあるのかな〜と、思っています。

それを確認するために、これまた1年前のHooperの初売りセールで、ライトオンス13.8ozの”0105”を購入し、色落ちの様子を確認しているところです。まだ濃紺の状態ですが、色落ちが進んだら紹介したいと思います。

フルカウント0105XXの色落ちエイジング2

後ろ姿はこんな感じ。フルカウントのジーパンはどれもそうなのですが、ポケットのステッチがコットンの糸なので、履いていると簡単に擦り切れてほつれます。この雰囲気、とてもフルカウントらしいです!

フルカウント0105XXの色落ちエイジング3

レザーパッチも良い雰囲気になっています。飴色に変化し、くしゃくしゃになりました。モデル名・サイズのプリントも薄くなってきました。

ここまで、3年前に購入した0105XXの色落ちの感じを紹介をしてきましたが、そのさらに半年前に購入した、スリムなモデル0109XXも同じような色落ちになっています。

太めの0105XXがいろいろな服に合わせやすいので、細めの0109XXを履く回数はあまりないのですが、たまに細いボトムスを合わせたい時に使っています。

最近は、毎日来ているポールハーデンのロングコートにスリムなボトムスを合わせたいので、登場回数が増えています。

フルカウント0109XXの色落ちエイジング

フルカウントの0105XX、0109XXは、3年履き続けてこんな感じの色落ちになりました。(雰囲気のある色落ちをするには、やっぱり3年ぐらいかかりますね。) 色味は初めの期待とはちょっと違う感じになりましたが、全体的に雰囲気のあるエイジングをしているので嬉しいです。

これからも、定期的な洗濯&乾燥機を続けて、2年後?ぐらいにもっと薄くなったフルカウントの色落ちの様子を紹介できればと思います。

Basic&Favorite
 
 


関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2018-01-06 | Posted in Aging, Blog, Full Count / 0105XX(2015~)No Comments » 
Comment





Comment