Brooks Brothers / Navy Blazer

BB 紺のブレザー(low)

ブルックスブラザーズのブレザーです。
私の出張時の定番ジャケットになっています。これに、インコテックスのグレーパンツを合わせたり、チノパンを合わせたりしています。

紺ブレといえば、ブルックスブラザーズの”1型”が有名です。”ナンバーワンサック”と言われたりもします。ブレザー購入の検討のスタートになったのが、ナンバーワンサックのブレザーです。

このブレザーの特徴ですが、サック(麻袋の意味)という名前が表すように、ウエスト部分の絞り(通常のジャケットは、前ポケットの上の部分がダーツによって絞られています。)がなく、ボックスシルエットのストンとしたジャケットです。

このブレザーが、アメリカントラッドの定番だと思い、お店に見に行ったのですが、、、、、

店頭に並んでいるナンバーワンサックは、よく言えば”伝統的”なのですが、悪く言うと”古くさい”ジャケットでした。ラペルの幅が広かったり、身幅が広くちょっとルーズなシルエットだったりして、購入しようという気になりませんでした。(体の大きなアメリカ人には、このぐらいのシルエットがちょうどいいのでしょう。)

そこで検討が止まっていたのですが、そのことをブラックフリースのお店の方に相談してみると、通常のブルックスブラザーズでナンバーワンサックに近い、スリムなタイプもあることを教えていただきました。また、生地を選べる簡単なパターンオーダーを勧めてもらいました。

早速、住んでいる宇都宮のブルックスブラザーズで、オーダーすることに。

ベースとなるジャケットを”ケンブリッジ”という型にしました。ウエストの絞りが無いもので、スリムなタイプということで、このモデルにしました。ちなみに、通常のナンバーワンサックは、”マディソン”という型です。

生地は、カジュアルでも着用したいとおもっていたので、通常のスムーズな生地(トロピカルソリッド)ではなく、少し生地の織りが分かるものにしました。

その他のディテールは、通常のナンバーワンサックと全く同じにしました。主なポイントは下記の通りです。
 ・三つボタンで、段返りのラペル(一番上のボタンホールの部分から、ラペルが折れている。)
 ・7mm幅のステッチ
 ・フラップ付きのパッチポケット
 ・センターベント

これでイメージ通りのスリムなナンバーワンサックのブレザーが出来上がりました。

ただ、1点だけ、ディテールで異なる点があります。
それは、センターベントの上の部分のステッチです。ナンバーワンサックだと、ステッチが斜めになっているのですが、ベースをケンブリッジにしたため、ステッチが水平になってしまいました。

本家のナンバーワンサックジャケット、”斜めステッチ+センターベント”が、後ろから見て”1”に見えることから、その名前が付いたとも言われています。

ですので、今回オーダーしたのは、”ナンバーワンもどきジャケット”です。

もどきですが、ナンバーワンサックの野暮ったさを残しつつ、今風のアレンジに出来たので大変満足しています。

紺ブレを検討されている方で、特に”ナンバーワンサックはちょっとね。。。”と思われている方、通常のブルックスブラザーズでのパターンオーダーは、とてもお勧めですよ。


関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2014-02-13 | Posted in Basic, Jacket & Knit, 春夏の準備, 洋服/靴No Comments » 
Comment





Comment