シンプルでおしゃれ:アルネ・ヤコブセンの壁掛け時計

アルネ・ヤコブセンの壁掛け時計

Basic&Favoriteです。

今回は、家関連の雑貨についての投稿です。(洋服ネタが、ほぼ尽きています。。。)

2012年の秋に家を建ててから、約1年半、ずっと壁掛けの時計無しで過ごしてきました。家が完成する前から、ずっと壁掛時計を探していたのですが、なかなか気に入るものが無かったのですが、ようやくイメージにピッタリの時計を見つけることが出来ました。

それが、このアルネ・ヤコブセンのステーションクロックです。

その名の通り、駅の時計として、アルネ・ヤコブセンがデザインした時計です。どことなく、古い駅にありそうな感じで、普通のデザインをしています。

(アルネ・ヤコブセンといえば、スワンチェアやエッグチェア、AJランプなどの、とてもモダン?な感じのデザイナーだと思ってたのですが、こんなシンプルな工業製品のデザインをしていることに、ちょっとびっくりしました。)

とてもシンプルで、機能的なところが気に入っています。

モノトーンの色調。何の特徴も無いアラビア数字。何時何分を指しているかしっかりと分かる長針と短針。とてもミニマムなデザインですが、針の形など、とても洗練されたデザインです。私のIWCポルトギーゼを壁掛け時計にした感じです。(でもIWCと比べるとフォントがちょっと安っぽいところがありますが、、、)

このような機能的な時計を選んだ理由は、他にもあります。それは子育てをする上で、家のリピングに置く時計は、すぐに何時か分かる時計が良いと聞いたことがあったためです。

時計の読み方を教えるときに、このようなシンプルな時計は役に立つのはもちろんですが、時計が読めるようになる前でも、時間や締め切りの感覚を身につけさせるのにとても役に立つそうです。

例えば、散らかしたおもちゃを片付けるシーンで、”長い針が下の6になる前に、お片づけしようね”みたいな感じで片付けをうながすことが、メリハリのある行動をさせることにつながり、良いそうです。

毎朝、子どもが幼稚園の支度をするとき、”長い針が”3”になるまでに、ご飯食べて着替えをしようね!”みたいな感じで、時間の感覚を付けさせようとしています。

ちょっと、お高い時計でしたが、こんな感じで毎日みんなが目にする時計。妥協せず、この時計と出会うまで我慢して、良かったと思っています。

-Basic&Favorite-

Amazon:アルネ・ヤコブセンのステーションクロック
 
 


関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2014-07-13 | Posted in Blog, HouseNo Comments » 
Comment





Comment