Blog

最近のコーディネート

<2018年5月15日更新:ふだんのオシャレ>

・シャツ:ユニクロ
・ボトムス:Fullcount 0105XX
・シューズ:Converse CT70

大人のワードローブを目指して来たけど、最近ちょと考えが変わりつつあります。

大人の服って、シャツをタックインして、ジャケットを着て、質の良い革靴を履くみたいな。

でも、宇都宮に住んでいるぼくのTPOを考えると、そんなコーディネートで出かけるシーンはありません。

一方で自分らしさを主張するために、ポールハーデンとおでこ靴をコツコツ集めて着ましたが、ポールハーデンにおでこ靴でもちょっと浮いている感じがする。

こんな感じで、自分の方向性がなんとなくTPOにあっていないような、違和感がありました、、、

ですが、最近その違和感を解決してくれるスタイルを見つけてしまいました。それは’90年代ストリートファッション!?

最近、藤原ヒロシさんのgoogle画像検索ばかりしています。

改めて彼のスタイルを見ていると、歳を取っても綺麗目な服でサイズ感に気を付ければ、ストリートファッションは大人の服としてもふさわしいのではないかと思わせてくれます。

彼のふつうにシャツにジーンズのスタイルを真似したのが、このコーディネートです。
(でも、このコーディネート。そんなにストリートぽくないですね、、、、涙)

もうちょっと太いジーンズの方が、ストリートらしくなります。なので、次はもっと太いジーンズをワードローブに加えようと思います。

シャツは、ユニクロ! ふつうのオックスフォード地のボタンダウンのシャツの着丈を6cmに短くしたら、いい感じになりました。調子が良いので色違いの白を買い足そうと思います。

こんな感じ!?で、ストリートっぽい普通のコーディネートが増えそうです。


 
 


<2018年3月28日更新>

18SS コーデ1 (1 - 1)

・ポールハーデン:メンズブレザー
・CDG:ボーダーシャツ(見えてませんが)
・FullCount:1109XX
・C−DIEM: S52M 6ホールブーツ
・Faliero Sarti:ストール

暖かくなってきましたね。PHのメンズブレザーの季節です。PHの中でいちばん好きな服を着ることができるので、とても嬉しいです。

でも、春夏もののブレザーだけど、裏地がしっかりついていて、気温が25度を超えてくるようになると着れなくなります。これから夏に向け、すぐに暑くなってしまうので、GW明け?ぐらいまでの少しの間だけしか、このコーティネートができません。なので、週末はいつもこのブレザーを着て出掛けます。

このストールは最近買いました。カーキ色のFaliero Sartiのストールです。襟のないボーダーシャツをインナーに着るときは首もとが寂しいので、このストールがとても重宝しています。

ストール (1 - 1)
 
 


<2017年2月12日更新>

PH Long blazer21 (1 - 1)

・ポールハーデン:ロングブレザー
・Yaeca:コンフォートシャツ
・FullCount:1109XX
・C−DIEM: S52M 6ホールブーツ

昨日は暖かかったのでインナーを着込まず、シャツの上にジャケット的な感じでロングブレザーを着て出かけました。こんなか感じで、ロングブレザーをジャケットのように着るのが好きです。

まあ、いつもと同じコーディネートですが、、、

足元は買ったばかりのC-DIEMの6ホールブーツ。いつもと同じコーディネートだけど、靴が新しいのでテンションが上がります。

靴を履きこむために、いつも車で行くスーパーまでの川沿いの道を往復2km歩いちゃいました。子どもたちも一緒に付き合ってくれたので、楽しい散歩になりました。(妻はもちろん別便で車です。)

C-diem 1st day (1 - 1)
 
 


<2017年1月26日更新>

ロングマックコートのコーディネート (1 - 1)

コーデ2.001

・ポールハーデン:ロングマック
・m_moriabc : ダービーシューズ

12月に入ってからは、週末いつも、ポールハーデンのロングマックとm_moriaのおでこ靴の組み合わせで出かけています。(もちろん今日も!)

ロングマックは16AWのもので、BLACKだけどブラウンぽい糸が入ったグレンチェック柄。明るいところではブラウンぽい雰囲気になります。チョコレート色のm_moriaと相性が良いので、いつもこのコーディネートです。

でも、妻からは”マトリックス”のキアヌ・リーブスみたい! と言われています、、、、。やっぱり、クセがすごいみたい。

(服とは関係ないですが、”マトリックス”は、とても好きな映画です。世界観の設定が素晴らしい! 見ていない方は是非見てもらいたいです。新しい洋服ネタがないので、僕の好きな映画を紹介する投稿をしたいと思います。すぐに思い浮かぶ映画は、”マグノリア”、”ガタカ”、”リトルダンサー”、”シザーハンズ”、”アニー・ホール”、”バスキア”、”花様年華” ・・・・)

着たいものを着るのが一番だと思っているので、人からどう見られようとも気にせず、ロングマックを着続けよう! と思ったものの、、、子供の幼稚園の発表会には、下の写真のようなトラッドでコンサバな感じで行きました。

着たいものを着るのが一番だと思う一方で、大人の洋服って、他人から見た時に変なイメージを与えないというか、その場に溶け込むとういか、TPOに応じた服を選ぶというか、そういうことも大切だとも思います。

1つのスタイルを貫きたいとも思うけど、2つぐらいスタイルの引き出しを持っておくことも、大人のワードローブのポイントだと思います。

PH trad.001

・ポールハーデン:Norfork ジャケット
・Andersen Andersen : タートルネックニット
・フルカウント:0105XX
・Alden : 990 ダービーシューズ
(さらに…)


2018-05-15 | Posted in Blog, CoordinateNo Comments » 

 

MacBook Pro 13インチ Touch Bar/Touch ID (2017)

連休最終日、いかがお過ごしですか?

私は特別な予定はなく、ダラダラと過ごしてしまいました。

昼ごはんの後は昼寝をし、晩ごはん前に子供たちと公園に遊びに行く。暗くなったら家に帰り妻の晩御飯を食べる。どこに行っても混んじゃうので、いつも以上にいつもの週末と同じような毎日を過ごしてしまいました、、、、。そして最終日。リフレッシュ出来たような出来なかったような、、、。

特別なことはしなかったけど、長い時間家族と過ごすことが出来たので、リフレッシュ出来たと信じています。

グダグダのGWでしたが、1つ大事件が起きてしまい予定外の出費をすることになってしまいました。愛用していたMacBook Pro(2012)が壊れてしまったんです。結果、新しいMacを購入しました。今回はその備忘録としてブログを書きたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーー

数ヶ月前からその兆候はありました。OSがアップデート出来ない、再起動に異様に時間がかかる。そして最終的には、起動ボタンを押しても二度と起動することはありませんでした。

ちょっとヤバイと思って、一ヶ月前にバックアップを取っておいたのが不幸中の幸でした。みなさんも、月一回は外部ハードディスクにバックアップを取るようにしましょう!

インターネットを参考に、いくつか魔法の呪文を試して見たのですが、起動することはありませんでした。2012年12月に購入したので、5年とちょっと。Macの寿命はこんなもんなのでしょうか?

ちょっとは粘って見ましたが、修理をすぐに諦めたぼくは新しいMacBook Proを購入することにしました。(悲しいかな、GW一番のイベントになってしまいました。)

20180506_MacBook Pro (2 - 2) (1)

購入したのは壊れた15インチMacBook Proとほぼ同じ仕様の13インチのMacBook Pro。電気屋さんですぐに購入できる中の最上位モデル。カラーは普通のグレーでなく、濃いめのスペースグレー。

-CPU : 3.1GHzデュアルコアIntel Core i5
-メモリ :8GB
-ストレージ:512GB SSD

512GBのSSDストレージが譲れなかったので、市販されているラインナップの中で最上位モデルの購入しました。

結果、要らない機能のTouch BarとTouch IDが付きのものになってしまいました。

20180506_MacBook Pro (1 - 2)

iPhoneと同じように指紋認証でログインできたり、開いているアプリごとにショートカットボタンになったりして。

インターネットを開いているときは、上の写真のようにタブで開いているページがTouch Barで選択できたり、ページの戻る、進むボタンが出てきたりします。ポプアップウィンドで、Yes/Noを選択するような場合に、Touch Bar上に出現するボタンで選択することが出来ます。

以外に便利な機能のような気もしていますが、もう少し使って見ないとわからないですね、、、。

ーーーーーーーーーーーーーー

ということで、久しぶりの投稿がこんな感じの洋服とは関係のない投稿ですみません。想定外、かつ、なかなかの出費でしたので備忘録ということでご理解ください。

Basic&Favorite


2018-05-06 | Posted in BlogNo Comments » 

 

サンタマリアノヴェッラ:パチューリのオーデコロン(2本目)

SNM パチューリ (1 - 4)

久しぶりにブログを更新します。ここ2ヶ月、とても忙しい日々を送っています、、、(涙)

さて、今回は、サンタマリアノヴェッラのパチューリのオーデコロンを買いました、という投稿です。

2012年に1本目を買って以来の2本目です。

松浦弥太郎さんの影響(日々の100で紹介されていた)で購入したパチューリ。これが初めてのサンタマリアノヴェッラのオーデコロンでした。

それ以来、パチューリを好んで使っていたのですが、サンタマリアノヴェッラには沢山の良い香りのオーデコロンがあったので、

 パチューリ ⇨ サンタマリアノヴェッラ ⇨ サンダーロ ⇨ ポプリ

と、計4種類のオーデコロンを買い揃え、気分によって使い分けていました。

サンダーロは、とてもクセがなく優等生な香りだったので、パチューリの次に好んで使っていましたが、サンタマリアノヴェッラを代表する香り”ポプリ”を買ってからは、ポプリばかりを使ってきました。

でも、自分のなかの流行が一周回ってきたのか、パチューリが再度マイブームに。

久しぶりに使ってみると、サンタマリアノヴェッラにはまり始めた頃の新鮮な気持ちを思い出したりして、なんだかとても気分がリフレッシュされます。

でも、買ってから6年も経ったパチューリは、アルコール成分がだいぶ飛んでしまって、濃い原液のような感じになってしまっていたので、新しいもの買う運びとなりました。

SNM パチューリ (2 - 4)

容器が新しくなっています。裏にサンタマリアノベッラの立体的なマークが。

SNM パチューリ (3 - 4)

左から、2012年に買ったパチューリ、サンタマリアノヴェッラ(王妃の水)、ポプリ、2本目のパチューリ。写真の通り、パチューリは原液にようになっちゃっいました。

SNM パチューリ (4 - 4)

ここ2ヶ月ぐらい仕事がすごく忙しくて、過度のストレス中で働いているのですが、新しく買ったパチューリのおかげ?で、なんとかやっていけています。香水をつける瞬間であったり、職場でパソコン作業をしながら手につけたパチューリの香りをかぐ瞬間は、深呼吸できて良いリフレッシュになっています。

Basic&Favorite

こちらもご覧ください。=> サンタマリアノヴェッラ関連の記事

サンタマリアノヴェッラ パチューリのオーデコロン:Amazon
 
 


2018-04-08 | Posted in BlogNo Comments » 

 

C-DIEM (カルペディエム)のブーツ

昨年のM_Moriabcに続き、ずっと欲しかったブーツを買うことが出来ました。

カルペディエムのブラックの6ホールブーツです。

おでこ靴が好きになるきっかけは、4年前のGINZAで紹介されていた平林奈緒美さんのおでこ靴コレクション。(こちらの昔のブログで紹介しています。

それ以来、平林さんの靴コレクションを目指して、おでこ靴を買い続けてきた気がします。昨年購入したM_MoriabcもGINZAで紹介されていた靴でしたし、m.a+の短靴もそうです。

その中で、なかなか手に入れることができなかったのが、このブーツです。ブラウンのコードバンのブーツのブラックバージョンです。

C-DIEMは、10年前に活動を終了したブランドで、新品を買うことはできませんでした。

なので、こまめにオークションをチェックし続けたのですが、この6ホールのブーツのブラックは売り出されることがなく、ずっと購入することが出来ずにいましたが、、、、

昨年、C-DIEMが復活しちゃいました。

ファーストシーズンの17AWではこの形のブーツはラインナップにありませんでしたが、18SSのコレクションから6ホールのおでこブーツも復活しました。

それを聞きつけた私はAtrumで予約をし、この度デリバリーされた次第です。

ということで、新品状態を写真に撮りましたので、ペタペタと貼っていきたいと思います。

カルペディエム S52M (8 - 9)

素材は、天候を選ばす履くことができるカーフ(ヴァゲッタレザー)を選びました。デストロイホース素材もあったのですが、ガシガシ履きこみたいのでカーフにしました。1年後、2年後のエイジングの様子が今から楽しみです。

カルペディエム S52M (1 - 9)

靴ひもの片一方の端が丸くなっているのもオリジナルと同じディテール。一枚の丸い革から円に沿うように切り出して靴ひもを作っているため、中心部分が丸く残るディテールです。

カルペディエム S52M (2 - 9)

靴底のカルペバッチ! これもオリジナルと同じです。履いているといつの間にか取れてしまうので、取り外して大事に保管します。

カルペディエム S52M (4 - 9)

カルペディエム S52M (5 - 9)

箱もオリジナルと同じ。イラストの靴が可愛らしくて良いですね。

カルペディエム S52M (9 - 9)

最後に、ぼくが持っているオリジナルカルペディエムのブーツとの比較。カルペディエムの復活には賛否両論あるようですが、オリジナルと同じ形のブーツが新品で買えるようになったので、とても嬉しい復活です。

カルペディエム S52M (6 - 9)

ということで、長い間欲しかったブーツが購入できました。これから履き込んでエイジングを楽しみたいと思います。

1年後か2年後に、その様子を紹介できればと思います。

PS:
Atrumに各サイズ1つですが、在庫があるようです。チェックしてみてください。
=> Atrumホームページ

Basic&Favorite


 

3年履き込んだフルカウント 0105XX

3年前、宇都宮のジーパン屋Hooperの正月の初売りセールで購入したフルカウント0105XX。3年間履き続け、いい感じの色落ちになりました。

今はResolute710がすごく人気があるようで、Instagramでセンスを参考にしたくてフォローしている人のほとんどがリゾルトのジーパンを愛用されているのですが、、、

ぼくは基本的にフルカウントのジーパンしか履きません。

学生時代、憧れていたオシャレな先輩がフルカウントのジーパンを履いていて、それを真似して履くようになりました。色落ちの感じも良かったので、それ以来レプリカジーンズはフルカウントを好んで履くようになりました。

今4本ジーパンを持っていますが、1つはリーバイスVintage Clothingの501 66タイプですが、他の3つはフルカウントのジーパンです。

Resoluteを履いてみたいとも思うのですが、一途な性格なのか?、ただ新しいものを試すのが億劫なだけなのか?、一度気に入ったモノを繰り返し買ってしまいます。(ポールハーデンもおでこ靴もそうです、、、)

今はあまり人気のないフルカウントかもしれませんが、ぼくのお気に入りのフルカウント0105XXが、3年履き続けたらいい感じになったので、今日はそのエイジング・色落ちについて書きたいと思います。

フルカウント0105XXの色落ちエイジング1

最低でも月に1回は、洗濯と乾燥機での乾燥を続けてきました。そのおかげか、両サイドには強いあたりが出ていて、本物のヴィンテージジーンズのような感じになりました。

フルカウント0105XXの色落ちエイジング4

色落ちの感じは、もう少し鮮やかな青を期待していましたが、若干黒みがかった濃い青になってきました。

昔履いていたフルカウントはもう少し鮮やかな青だったような気がするのですが、、、、

このジーパンは、昔はなかったXXという厚い生地を採用しているモデルです。昔は履いていたのはフルカウントお得意のライトオンス13.8ozのジーパンだったので、生地の違いもあるのかな〜と、思っています。

それを確認するために、これまた1年前のHooperの初売りセールで、ライトオンス13.8ozの”0105”を購入し、色落ちの様子を確認しているところです。まだ濃紺の状態ですが、色落ちが進んだら紹介したいと思います。

フルカウント0105XXの色落ちエイジング2

後ろ姿はこんな感じ。フルカウントのジーパンはどれもそうなのですが、ポケットのステッチがコットンの糸なので、履いていると簡単に擦り切れてほつれます。この雰囲気、とてもフルカウントらしいです!

フルカウント0105XXの色落ちエイジング3

レザーパッチも良い雰囲気になっています。飴色に変化し、くしゃくしゃになりました。モデル名・サイズのプリントも薄くなってきました。

ここまで、3年前に購入した0105XXの色落ちの感じを紹介をしてきましたが、そのさらに半年前に購入した、スリムなモデル0109XXも同じような色落ちになっています。

太めの0105XXがいろいろな服に合わせやすいので、細めの0109XXを履く回数はあまりないのですが、たまに細いボトムスを合わせたい時に使っています。

最近は、毎日来ているポールハーデンのロングコートにスリムなボトムスを合わせたいので、登場回数が増えています。

フルカウント0109XXの色落ちエイジング

フルカウントの0105XX、0109XXは、3年履き続けてこんな感じの色落ちになりました。(雰囲気のある色落ちをするには、やっぱり3年ぐらいかかりますね。) 色味は初めの期待とはちょっと違う感じになりましたが、全体的に雰囲気のあるエイジングをしているので嬉しいです。

これからも、定期的な洗濯&乾燥機を続けて、2年後?ぐらいにもっと薄くなったフルカウントの色落ちの様子を紹介できればと思います。

Basic&Favorite
 
 


2018-01-06 | Posted in Aging, Blog, Full Count / 0105XX(2015~)No Comments » 

 

ANDERSEN-ANDERSENのガンジーニット

久しぶりに服を買いました。ANDERSEN-ANDERSENのガンジーニットです。持っているローゲージのタートル(5gage)よりハイゲージの、Seamanというクルーネックニット(7gage)です。

アンデルセンアンデルセン ガンジーニット (1 - 5)

ぼくは、ニットをほとんど持っていません。なので、寒い季節になるとニットを探すのですが、なかなかピンと来るものが見つからず、気づくと冬が終わっています。

でも、今シーズンは、1着買おうといろいろ検討しました。と言っても、Peter Blanceのシャギードッグニットとインバーアランのアランニットぐらいですが、、、

シャギードッグニットは、こちらのJ Pressの松浦弥太郎さんのエッセイを読んでから、欲しいものリストに入っています。いつものArkで取り扱いがあったので、試着してみたのですが、、、、、

格好良いのですが、やっぱりトラッドぽくなってしまって、ロングマックやロングブレザーのインナーにはちょっと合わない感じ? インバーアランのニットも同じで、良いのですがトラッドな感じになるので、とりあえず今年は見送ることにしました。

昔買ったローゲージのANDERSEN-ANDERSENに薄手のニットがあったことを思い出し、シンプルだしどんなスタイルにも合うだろうと、BlackのSeamanというハイゲージのニットを購入した次第です、、、

アンデルセンアンデルセン ガンジーニット (3 - 5)

着るとこんな感じで普通の感じですが、質感がとても良いです。

普通ニットはモコモコしていてふんわりした感触ですが、ANDERSEN-ANDERSENのニットは、
素材がソリッドな感じで適度な硬さがあるので好きです。毛玉の心配要らずで、気を使うことなくガシガシ着ることが出来ます。ヘビーデューティーで洋服というより”道具”という感じ。感覚的には軍ものようなの機能美を持っているニットだと思います。

アンデルセンアンデルセン ガンジーニット (4 - 5)

無難なBlackでポールハーデンのコートにも普通に合わせられるので、これからヘビーローテーションで着ることになると思います!

Basic&Favorite

▶︎アンデルセンアンデルセンのニットをAmazonでチェックする

アンデルセンアンデルセン ガンジーニット (5 - 5)