Blog

潤いと癒し:冬のマストアイテム 3点

寒さが厳しい日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

冬は肌が乾燥したり、風邪を引きがちになったりして、、、、

いっぱい重ね着できるので、オシャレを楽しむにはベストなシーズンなんですが、からだ的には気を使ってケアしてあげないと、良い状態を維持できません。

今日は、冬の時期に欠かせない、からだを良い状態にキープするために必要なMUSTアイテム3つをまとめて紹介したいと思います。

(ちなみに、この3つのアイテムは、常にカバンに入れて持ち歩いています。仕事に行く時なんかに、1つでも忘れると、だいぶテンションが下がってしまします⤵️ )

冬のマスト3アイテム (1 - 1) (1)

3つしかないのですが、、、、、順位をつけて紹介したいと思います。おすすめの順というか、ないと困る順で紹介します。
 
 

第1位:イムネール100


イムネオール (1 - 1) (1)

イムネオール100は、冬だけでなく一年を通して必要なアイテムです。オンオフ関係なく、常に持ち歩いています。(昔こちらの投稿で、プライベートでしか使わないと言っていましたが、使い方が変わりました。逆にサンタマリアノヴェッラの香水をあまり使わなくなりました、、、)

仕事中は、気分転換というかリフレッシュするために。ハンカチに数滴たらして、その匂いを嗅いで気持ちとからだをリフレッシュさせます。

集中して仕事をしていると、どうしてもからだが凝り固まってきたり、呼吸が速くなったりして、チョー緊張状態が続いてしまいます。それを、1時間に1回ぐらいのタイミングで、イムネオール100の香りを嗅ぎます。香りで気分がリフレッシュでき、さらに香りを嗅ぐときに深呼吸するので、速くなった呼吸を調整することもできます。

こんな感じで、1時間に数分程度、イムネオールで気分転換することで、ストレスフルな仕事になんとか挑んでいけてる感じです。

プライベートでは、寝る前に、首や肩の周りに沢山塗りたくって、布団に入るようにしています。ぼくはすごく肩こりなのでその症状を少しでも和らげたいのと、イムネオールの香りの包まれて寝ることで、睡眠の質をよくするために使っています。

イムネオールは、ローズマリー・ユーカリが主成分。香りはローズマリーなのですが、ローズマリーの他にもいろいろな天然オイルが絶妙に配合されていて、無印良品とかにあるローズマリー単独のオイルより、とてもバランスがよく使いやすい香りです。

ヨーロッパでは、風邪薬として処方する国あります。この時期、風邪予防としても、欠かせないアイテムです。

▶︎ イムネオール100 : Amazon
 
 

第2位:ROSEBUD SALVEのリップクリーム


Rosebud (1 - 1) (1)

ぼくは、(残念なことに)ちょっと唇が暑いので、この時期何もしないと唇がガサガサになってしまいます。なので、リップクリームはマストアイテムです。

いろいろな種類のリップクリームを使ってきましたが、保湿効果はこのリップクリームが最強です。(B&F調査)

石鹸やクリームをいろいろ買ってしまう癖があり、それを妻に進めるのですが、いつも、”いいけど、、、、、、” と、なんともイマイチな反応しか返ってこないのですが、、、、、

”これはいいね!保湿力がすごい!”と太鼓判を押してくれました。(ちなみに、私の妻は普通の趣味の人です。オシャレ・アロマ的なものに、興味が無い訳ではありませんが、現在病的なまでの購入欲の塊となっている私と比べると常識的なレベルです。センスも特に偏りがなく常識的なレベルです。なので、私が洋服を買うときには、普通の人の目線でいい・わるいのアドバイスをしてもらいます。)

そして妻も愛用するようになり、我が家には青いレトロな缶が2つあります。

青と赤と白のレトロな缶の雰囲気もよいので、ヴィジュアル的にもいつも持ち歩くリップクリームとして、最適です。

ちなみに、普通のリップクリームとは違い、直径5cm(厚さ2cm)の缶の中に、固めのリップクリームが入っていて、それを手にとって唇につけるタイプになります。

▶︎ROSEBUD SALVEのリップクリーム:Amazon
 
 

第3位:イソップ ハンドクリーム


イソップ-ハンドクリーム

最後は、説明不要? ハンドクリームのデファクトスタンダード? 1家に1イソップ? 

この投稿をご覧いただいている皆さんの中にも、愛用されている方が多いとおもいますが、イソップのハンドクリームです。

イソップのハンドクリームのラインナップにもいろいろな香りがあるのですが、”レスレクション”ハンドバームを気に入って使っています。instagramをチェックしていても、おしゃれな人は必ずと言っていいほど、このハンドクリームを使っています。

ちなみに、投稿頻度はこのブログぐらい(もうちょっと頻度は高い?)ですが、ぼくもinstagramやっているので、フォローいただけると幸いです。

@bacis_favoriteのinstagram

Instagram

これもいつも持ち歩いていて、仕事中、イムネオール100同様にリフレッシュするために使っています。香りが良いハンドクリームで、手のひらのマッサージします。これもぼくのリフレッシュ方法の1つです。

イムネール100とイソップのハンドクリームで、日々のストレスに立ち向かっています!

(でもストレスの方が勝つ日が多いです(涙)。毎日気持ち良く働くのは難しいですね、、、)

▶︎イソップ ハンドクリーム (レスレクション):Amazon
 
 

さいごに


まだまだ、寒い日が続きますが、体調を崩さずに春を迎えたいものですね。今回の投稿が、少しでもみなさんの暮らしの役に立てば幸いです。

Basic&Favorite


2017-01-29 | Posted in Blog, Perfume, くらし, まとめ記事No Comments » 

 

20年選手のバブアー ビデイル

ぼくのバブアー/ビデイル(barbour/Bedale)は、この度20年選手になりました。

今日は、それを記念して? バブアーについて少し話したいと思います。(でも、内容のほとんどは、前のブログで話しした内容と同じですが、、、)

この子は、大学1年の19歳のときに買いました。今39歳なので、20年間のお付き合いということになります。ぼくのワードローブのなかで、一番古いアイテムです。一度もオイルを塗り足していないので、オイルが抜けていて、とても良い表情になっています。

20年選手のバブアー ビデイル_1

 ・バブアー / ビデイル
 ・Andersen-Andersen / タートルネックニット
 ・Full Count / 0105
 ・Alden / 990

前のブログでも話しをしましたが、この子との出会いは偶然でした。当時のぼくはバブアーを全く知りませんでした。本当は当時流行っていたモンクレーのダウンが欲しくて、福岡の西新にあるSUPLEXに行ったのですが、、、、、店長さんから”モンクレーより、バブアーを買いなさい。こっちの方が絶対にいいよ。”と進めてくれたのです。

第一印象は、”どかちんの工事をする人が着てそうなコート”(とくにえりが茶色のコーデュロイ!)。なんでこんなものを進めるのだろう?と思ったのを覚えています。でも、試着してみると格好いい! 絶妙なAラインのシルエットがバランス良くて雰囲気があり、そのときはいていたジーパンとの相性が良かったこともあって、”どかちんコート”のイメージは一気に吹き飛びました。

20年選手のバブアー ビデイル_3

今は、スリムなモデル(SL)も発売されていますが、バブアーの魅力は、ちょっと垢抜けない感じのダサさと、絶妙なAラインのシルエットだと思っているので、SLだとちょっと格好良すぎです。それに、もともと服の上に羽織るレインウェアなので、少しサイズにゆとりある方が雰囲気が出て良いです。なので、普通のモデルがおすすめです。

防水機能が良いことも20年間愛用してきた理由だと思います。オイルドのコットンのため、少々の雨でもぬれません。オイルを塗って手入れをいていれば、大雨でも、中まで水は入ってきません。雨宿りできるところに入って、コートを脱いで、一払いすれば、水はすべて落ちます。さすが、雨の多いイギリス産まれのアウターです。

20年選手のバブアー ビデイル_4

買ってからの20年の間、このバブアーはいつも流行とは関係なく、活躍してくれました。見た目の雰囲気とレインウェアとしての機能が優れているバブアーは、”一家に一台”的なMUSTアイテムです。

Basic&Favorite


2017-01-22 | Posted in Blog, CoordinateNo Comments » 

 

人生の100のリストを、もう一度書いてみようと思う

Basic&Favoriteです。

今年1回目の投稿は、洋服以外の話をしたいと思います。

少し前に本棚を整理していたら、僕が20歳のころ(約20年前)に書いた人生の100のリストが出てきました。今回はそのお話をします。
 

20歳のぼくが書いた人生の100のリスト


当時大学生だったぼくは、ロバート・ハリスの「ワイルドサイドを歩け」という本を読んで、彼のような生き方に憧れるようになりました。

この本に出会うまでは、”良い大学に入って大企業に就職する”という生き方を盲目的に信じ、そのことに何の疑いもなく人生を送っていたのですが、彼の生き方に刺激を受け、”もしかしたら、全く違う生き方に、本当の価値があるのでは?” と疑問を持つようになりました。

ゆっくり人生について考えるために、1年間大学を休学しました。休学中は、バイトでお金をため、ヨーロッパを放浪する旅に出ました。放浪旅に出れば、自分と向き合うことができ、本当に自分のしたいことが見つかるのではないかと思っていたのですが、、、、

休学後にたどり着いた結論は、 ”普通が一番!”

1年間、放浪旅をしたり、将来について考えたりしたのですが、特別やりたいことは見つからず、結局一周回ってきて、元の場所に戻ってきてしましました。(以来、”普通が一番!”は、私の座右の銘の1つになりました。) そして大学に復学し、就職活動もなんとか乗り越え、普通にサラリーマンとして就職して、今に至ります。

復学するときに、最後のあがき的な感じで、人生の中でやりたいことをリストにしておこうとして、作ったのがこのリストです。

人生の100のリストは、「ワイルドサイドを歩け」の最初のエッセイに出てくるものです。

 僕はべつだん几帳面な人間ではないのだけれど(その逆だ)、なぜか昔からいろいろ表を作るのがすきだった ——— 観た映画、読んだ本、これから読みたい本、旅をした国や街、これから行ってみたい国や街。
そういったものをリストアップして表を作る。これがなぜだか、楽しいのだ。
こういう表の中でも一番野心的なのが、高校を卒業して少し経ったころに作成した、百の項目からなる『人生のリスト』である。

ー中略ー

大きな夢やゴールを一つ二つ持つことも大事だが、具体的で実現可能なゴールをたくさん持っているほうが、大きな夢に向かって進んでいく道程が楽しくなる。一つ一つの目標が、人生のスパイスのようなものになるし、達成するごとに自分がまた豊かになったような気にもなる。

引用:ロバート・ハリス / ワイルドサイドを歩け

もう一度自分を見つめ直すために、やりたいことをはっきりさせるために、ロバート・ハリスを真似して作りました。下の100円ノートが、20歳の時に作った100のリストです。

人生の100のリスト

リストを一部分だけ紹介しますと、(これ以外には、とてもブログで言うことの出来ない、欲望丸出しのゲスなものがたくさんあります、、、)

・英語をマスターする
・海外で仕事をする
・出世する
・仕事の中で自分が生きた証を残す
・自転車で日本一周する
・洋服&レコード屋を地元島根で開く
・アビーロードを歩く(←ビートルズの影響、これだけ叶った!)
・インドでヨガをする(←ビートルズの影響)
・サバンナでライオンを見る
・ブエノスアイレスで放浪する(←ウォン・カーワイの映画の影響)
・富士山に登る
・一晩で100万円使う
・与那国島へ旅行で行く(←ソリトン Side Bの影響)
・網走に流氷を見に行く(←ソリトン Side Bの影響)

サラリーマンになる前のちょっと尖ってい自分が思い出されて、とても嬉しくなった一方で、今見るととても稚拙で個人的なリストにがっかりしてしまいました。それと、以外に達成できていないことにも。
 

人生の100のリストを、もう一度書いてみようと思う


来年、40歳になる私。今は家族を持ち、20年前とは全く状況が違います。なので、新しく ”人生の100のリスト(40歳版)” を作ろうと思っています。100個のうち、50個はぼく自身の個人的なリストに、残り50個は家族として成し遂げたいことをリストにしたいと思って、考え始めているところです。

個人的な50のリストの1番目と2番目は、もう決まっています。

1:健康で長生きする(こどもの成長を見届けられるよう、70歳ぐらいまでは生きたい)
2:英語をマスターする

今、英語を猛勉強しています。20歳のときの100のリストを発掘したことがきっかけでした。さらに、幸運(不運?)なことに、ここ数年英語を使って仕事をする機会がどんどん増えていることも理由になっています。研究開発の仕事をしているのですが、一昨年ぐらいから海外企業と一緒に仕事をするようになり、毎日仕事で英語を使うようになりました。ある意味、 ”海外で仕事をする” が半分ぐらい叶っている状況です! 今の状況を生かして、20歳のときに思い浮かべていた”英語ペラペラな人”になりたいです。

とりあえず、今年の目標はTOEIC800点突破! 5年前に受けたときの点が700点だったので、もう少し勉強すれば、超えられると思うのですが、、、、TOEIC800点突破出来たら、このブログでも私の英語勉強方法をご紹介しますね。そして、英語メインのブログに変更します!(嘘です!)

40歳手前のぼくですが、新しくできた100のリストを見た時に、全てを達成するには人生は短いということを嫌でも実感してしまうでしょうね。でも、逆に1日1日の過ごし方が変わるような気がしていて、新しいリストの完成が楽しみです。洋服以外のことがメインのリストになりそうですが、洋服関連のリストが出てきたら、ブログで紹介したいと思います。
 

みなさんも100のリストを作ってみては、いかがでしょうか?


みなさんも100のリストを作ってみてはいかがでしょうか? 100のリストを作ることは、自分がしたいことを知るために役に立つし、何より作っていて楽しいですよ。

ちなみに、ロバート・ハリスの「ワイルドサイドを歩け」は絶版のようで、新しく「人生の100のリスト」が出版されています。彼のリストは、なかなか刺激的なものばかりなので、一度読んでみると面白いと思います。(全てを捨てて、放浪の旅に出たくなります、、、、、)

Basic&Favorite
 

%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%81%ae100%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88-001

ロバート・ハリス / 人生の100のリスト(Amazon)

 


2017-01-04 | Posted in Blog, くらし2 Comments » 

 

2016年の振り返り

お久しぶりです。
Basic&Favoriteです。

2016年も、もう大晦日! 本当に早いものです。みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

私事ですが、冬休みに入ってすぐ扁桃腺を腫らしてしまい、微熱が続いていましたが、ようやく体調が良くなってきました。それに伴って、遅れに遅れていた年賀状作成も、昨日無事に終わり、なんとか年を越せそうです、、、

さて、最近全くブログを更新できていませんでしたが、年末恒例?の”今年の振り返り”をしたいと思います。
 

今年買ったもの


 (1) Andersen-Andersen / タートルネックニット
 (2) new balance / M1700
 (3) new balance / M990 GL3
 (4) Hermes / Belt
 (5) Paul Harnden / Norfolk (Tweed)

ブログで紹介してませんが、これ以外にもモンベルのインナーダウン・マルタンマルジェラのカーディガン・インバーアランのシェットランドウールセーターを最近買いました。12月初旬にドイツ出張があり、氷点下を下回る気候だったので、その寒さ対策として中に着込めるアイテムを購入しました。購入するつもりはなかったのものですが、どれも素晴らしいアイテムなので、別の投稿でお話できたらと思います。(2016年のベストバイは、インバーアランのシェットランドウールニットかもしれません、、、)

今年一番のトピックは、ポールハーデンのジャケットを久しぶり(約2年ぶり)に買ったことです。しかも、ブラックではなく深緑! 今までは、ブラックのウールリネン素材ばかりを好んで選んでいたのですが、初めてブラック以外の色で、憧れていたウール100%のツイード素材のジャケットを手にしました。
 

来年は?


ブラック以外のジャケットを選んだことが、ワードローブ構築のターニングポイントになりそうです。

これまでは、ブラックのPHジャケット・白いシャツ・ジーパン・黒のおでこ靴が、私のユニフォーム的な着こなしだったのですが、これからは少し変えていこうと思います。PHの深緑のジャケットのコーディネートを考えた時、トラッド・アイビー的な感じで着こなしたいと思うようになりました。

例えば、こんな感じ。
(ブルックスブラザーズのBDシャツ、オールデンを合わせただけですが、、、、)
%e5%b9%b4%e6%9c%ab-1-1

PHのジャケットの着方に限らず、これからはトラッド・アイビー的な着こなしをしたいと思っています。そう思うようになったのには、もう2つ理由があります。

1つ目は、松浦弥太郎さんのJ Pressのエッセイの影響。

J Press Originals 公式サイト

月一で更新されるエッセイで、J Pressで購入できるアイビーアイテムにまつわるストーリーが紹介されています。これがとても面白く、最近こればかり読んでいます。インターネットで全て読むことが出来るのでぜひご覧くだささい。アイビーアイテムと松浦さんの間のストーリーが、どれもすてき過ぎます! みなさんも、きっとアイビーに回帰したくなるのではないでしょうか?

2つ目は、ここ数年、海外出張が多いこと。

私の場合、海外出張で取引先に行く場合でも、スーツにネクタイみたいなカッチリとした服装をする必要はないのですが、ネクタイ不要だけど襟付きシャツはMUST、ジーンズNGが暗黙のルール。出来れば、ポールハーデンにおでこ靴で行きたいけど、ちょっと出張にはふさわしくない感じ、、、、。

ブルックスブラザーズのブレザーBDシャツ、インコテックスのグレーのスラックス、オールデン990みたいなトラッド・アイビー的なコーディネートが間違いないんですが、そのワンパターンしかあまりません。来年も海外出張が多そうなので、このあたりのワードローブを少しだけ補強して行きたいです。

こんな感じで、PH中心に回っていたワードローブ構築を、少しトラッド・アイビーよりに戻すことを来年の目標にしたいと思います。(毎年同じようなことを言っているような気がしますが、、、)
 

さいごに


9月以降、全く更新できなくごめんなさい。仕事が忙しかったのと、最近英語の勉強に本腰を入れだしたので、ブログを書く時間があまり取れませんでした。

来年もあまり更新できませんかもしれませんが、たまに立ち寄っていただけると幸いです。ブログ更新の際は、Instagramの方でお知らせします!

それでは、良いお年をお過ごし下さい。
Basic&Favorite


2016-12-31 | Posted in Blog, CoordinateNo Comments » 

 

Paul Harnden / Norfork (16AW)

久しぶりにポールハーデンの服を買いました。今日はその話をしたいと思います。

加藤和彦さんのエレガンスの流儀の中に、”馨しきハリス・ツイードの魅力”というエッセイがあります。ツイードでジャケットを仕立てる話で、本物のツイードについて書かれています。

冬に向かうとツイードのジャケットが恋しくなる。本物のツイード・ジャケットがあれば、一冬はこれだけで足りるぐらいだ。

ツイードで最も有名なのがハリスである。本物のハリスは織った人の名前がついており、俗に云うハリス・ツイードとは一線を画す。何ヶ月もかけて手作業で織るのであるからそれなりに高価であるが、へたをすると100年ぐらいはもつから割安である。

このエッセイを読んで、すぐに思い浮かんだのが、ポールハーデンの秋冬のツイード素材でした。手で織っていると思われる素朴な感じ(というか、ちょっと雑な感じ?)・肉厚で重く、とても丈夫そうなPHのツイード素材。

“エッセイの中のツイード=PHのツイード”となってしまったぼくは、次に買うPHは秋冬のツイード素材のジャケットにすると決めていました。

憧れ続けること約1年(短い!)、PHのツイードジャケットを手にすることが出来ました。16AWのツイード素材のNorforkです。

paul harnden norfork-1

Norforkは、Mens Blazerよりもシェイブがきつくなく、ボックスシルエットのジャケット。ノーベントで着丈が少し長いです。Mens Blazerは格好いい、おしゃれジャケットですが、Norforkはちょっと野暮ったいです。

本物のツイードには、ちょっと野暮ったいぐらいのNorforkの方が合うとおもったので、こちらの組み合わせにしました。

森を思わせる深緑色、肉厚な素材で野暮ったいシルエットのこのジャケットは、加藤和彦さんのエッセイから、勝手にぼくが頭で妄想したジャケットそのものです。

今は、このジャケットが体に馴染むよう、家の中でできるだけ着るようにし、冬のデビューに向け準備をしているところです。でも、この硬くて肉厚なジャケットはいつ自分の体に馴染むのでしょう? エッセイでは、1年・2年着たぐらいでは、何も変わらないとのことです。10年ぐらいかかるのでしょうね。ゆっくり時間をかけて、マイヴィンテージに育てていきたいです。

エッセイの中には、ツイードの香りについても書かれています。

やや濃いめの茶色、ネップが浮き出た、スコットランドの秋の、落葉してその落ち葉が積み重なったような色合いにも思わず感動して匂いをかいでしまった。私好みであった。匂いも色合いも。

ワインのテイスティング用語にスー・ボウというのがあるが、これを思い出してしまった。主にブルゴーニュのグラン・ヴァンの中に潜む落ち葉をややすえたブーケを表す時に使うのであるが、このハリスを着ると一生森に囲まれているみたいだなぁー、とおもい一にも二もなく仕立てることにした。実際には羊と草木染めの匂いであるのだが。

PHのツイードも良い香りがします。多分このエッセイの中の香りと同じだと思います。森の香りをまとって、街中を歩くのはさぞかし気分のいいことでしょう! このジャケットを着ることができる、冬がやってくるのが待ち遠しいです。

Basic&Favorite

paul harnden  norfork-2


2016-09-04 | Posted in Basic&Favorite, Blog, Jacket & Knit4 Comments » 

 

RICOH GR Ⅱ

リコーのGRⅡを買いました。

このカメラは、ソニアのショッピングマニュアルに紹介されいるRICOH GR(フィルムカメラ)、GR digital(デジカメ)の最新モデルです。

RICOH_GR

これまでのGR digitalとは異なり、APS-Cサイズという一眼レフカメラと同じサイズの大きなイメージセンサーが搭載された、コンパクトデジカメの中でもとてもハイエンドな仕様です。

ちょっと前から欲しかったのですが、iphoneのカメラ機能に満足していた私。でも、少し前からカメラ欲しい病にかかってしまい、思い切って購入してしまいました。(出社前、Amazonをボーと見ていたら、、、なぜかポチっちゃいました。仕事のストレスをショッピングではらしたかっただけなのかもしれませんが。しかも、使うかわからない21mmワイドコンバージョンレンズまで買ってしまいました、、、。案の定、こちらは買ってから一度も使っていません、、、)

まだ、習熟中ですが、これまで撮影した画像をご覧ください。絞り優先で、すべてF2.8で撮影しました。(ドイツ出張にも持って行ったので、一部ドイツの写真になります。)

GR-4 (1 - 1)ISO100 F2.8 1/800
直射日光が当たっているとても明るい状況でも、内臓NDフィルターのおかげで、F2.8開放で撮ることが出来ます。ボケ感はこんな感じ。被写体が少しだけ背景より浮き立ちます。
 

GR-5 (1 - 1)ISO100 F2.8 1/320
 

GR-6 (1 - 1)ISO100 F2.8 1/2500
 

GR-3 (1 - 1)ISO100 F2.8 1/1000
 
 
 

GR-8 (1 - 1)ISO100 F2.8 1/640
この写真が一番綺麗に撮れたかな? 夕暮れ間際の優しい光の中で、ドイツの街並みをうまく残すことが出来ました。しかも、青空!
 

GR-10 (1 - 1)ISO100 F2.8 1/2000
 

GR-11 (1 - 1)ISO100 F2.8 1/250
 

GR-7 (1 - 1)ISO100 F2.8 1/250
 

APS-Cサイズ、フルサイズ換算28mmのレンズ、F2.8だと、こんな感じです。GRはスナップ写真にピッタリですね。背景を含め人物をしっかり撮ることができます。また、28mmと画角が広いので、旅行で訪れた先の記録を残すのにもピッタリです。ぼくはこれから旅行カメラとして常に持ちあるこうと思います。

見た目も格好いいカメラなので、おしゃれを自負する方にもマストのカメラです。

Basic&Favorite
 

RICOH GRⅡを調べる


▶︎ Amazon
 
 


2016-08-07 | Posted in BlogNo Comments »