Blog

“Do Not Handle With Care ! ? ”  B&F流おでこ靴のお手入れ

Basic&Favoriteです。

昨年最後の投稿で、”週1で投稿します!”と言っておきながら、前の投稿からだいぶ時間が経ってしまいました、、、、。ブログの怠け癖がついちゃってますが、更新をやめたわけではありませんので、たまに見てもらえると嬉しいです。

さて、今回は、アルチザン系のおでこ靴のメンテナンス方法について投稿したいと思います。ただ、あまり参考にならないかもしれません、、、、

”アルチザン系の靴は手入れしてはダメ”という、暗黙のルールがあるそうです。私の好きなA1923の靴の箱には、わざわざ”Do Not Handle With Care”と書いてあったりします。ピカピカの靴を履くのは格好悪いという変な美学があるようです。

ただ、長く履くには手入れをしなければなりません。クリームを塗ったりしてメンテナンスしないと、革の表面のひび割れが心配です。

この、”メンテナンスしたいけど、ピカピカで履くのは格好悪い”という矛盾を解消するメンテナンス方法を実施しています。

下の写真は、メンテナンス後のm.a+のワンピースダービー。

P1190068

ご覧の通り、ピカピカではありませんが、これでもきちんと手入れをしています。

ちょっと、分かりづらいと思いますので下の拡大写真で。靴全体ではなく、シワが入っている部分のみを手入れしています。シワの入る靴のヒンジになっている部分に、クリームを塗って栄養分を補給して、着古したTシャツの切れ端で拭いて終わりです。その際、ピカピカになりすぎないように、拭きすぎないのもポイントです。

決して、つま先は磨きません。なので、つま先は常に汚れたままです、、、、これが格好良いのです!!(笑)ちなみに、つま先を汚すには雨の日に履くことが一番だと思っています。あまりお勧めできませんが、、、、。 いい感じにつやがなくなり、くすみが出ます。

これが、私のアルチザン系おでこ靴の手入れ方法です。シワのが入り、靴に負担がかかる部分のみを手入れする最小限のお手入れです。

P1190070

ワンピースダービー以外のおでこ靴も同じ手入れ方法を行っています。例えば、C-DIEMのデストロイホースのブーツ。これも、つま先はボロボロの感じが気に入っているので、つま先はノーケア。シワが入った部分のみの手入れです。

P1190082

P1190078

P1190076

ちなみに、使っているクリームはこちら。他にもっといいクリームがあると思うのですが、昔なんとなく買って家に残っているクリームで手入れしています。他にお勧めの良いクリームがあれば、教えていただけると幸いです。

P1190090

PS : 私はあまりピカピカに磨きませんが、アルチザン系の靴をピカピカに手入れするのも良いと思います。”手入れをしない”という暗黙のルールがあるようですが、自分の価値観で好きなように靴の手入れし、育てていくのが、健全な姿だと思います。

Basic&Favorite


2016-02-14 | Posted in Blog4 Comments » 

 

ANDERSEN-ANDERSENのニット(アンデルセンアンデルセン)

Basic&Favoriteです。

今年初の買い物をしました。アンデルセンアンデルセンというブランドのニットです。

年末年始、ネットサーフィンをしていたら、平林奈緒美さんがアンデルセンアンデルセンを着用してインタビューを受けている記事をいくつか見つけて、急に同じものが欲しくなってしまいました。ロンドンでジョンロブが買えなかったフラストレーションで、何か買いたい気持ちがあったので、思い切って買ってしまいました。
 

平林奈緒美さん ANDERSEN-ANDERSEN着用画像
 ・タートルネックを着用=>(marunouchi) HOUSE | Naomi Hirabayashi
 ・クルーネックを着用 =>六本木未来会議
ネットで検索すると結構着用されている画像が見つかります。平林さんはアンデルセンアンデルセンがとてもお気に入りのようで、最新のGINZA 1月号でも、アンデルセンアンデルセンのニットについて“形、リブ、硬さ、すべてがパーフェクト!”とコメントされています。
 

ANDERSEN-ANDERSEN(アンデルセンアンデルセン)について
アンデルセンアンデルセンって? という方へ。 引用ですが、ちょこっとアンデルセンアンデルセンについてご紹介を。

”2009年、デンマークのアンデルセン夫妻によりスタート。海洋国家であるデンマークは昔からニットが非常に盛んでしたが、近年は後継者不足から産業が減少傾向にありました。しかし、アンデルセン夫妻はこの伝統的なデンマークのニット文化を継承していきたいという想いから昔ながらの編み方を継承しつつ、デンマークのユトランド半島にて生産を始めました。また定番であるタートルタイプは、デンマークで昔から着られている船員や漁師・ハンターのニットウエアのデザインにインスピレーションを受けて作られており、前後どちらでも着られるニットは忙しい船員達が前後気にすることなく、気軽に着られるように作られています。
出典:ANDERSEN-ANDERSEN アンデルセン-アンデルセン | Maiden Company

 

タートルを買いました
ぼくが買ったのは、オフホワイトのタートルニットです。38歳で白いニットって? ちょっと恥ずかし感じがしましたが、平林さんの着こなしが素敵すぎたので、思い切って白をチョイスしました。
P1190129
 

結構、気に入ってます
最後に、個人的な感想を少し書きたいと思います。

Andersen-Andersen、新しいブランドですが、作りはヘビーデューティー! しかも、フィッシャーマンニットのディテールも踏襲していて、ファッションアイテムというより”船乗りのための本物の道具”という感じの、素晴らしいプロダクトを作るブランドです。新しいブランドなのに、何十年も前からあるような、歴史を感じてしまいます。

ざっくりしたニットに見えますが、網目はとても詰まっていて、とても重みのあるニットです。暖かい日であれば、アウターなしでも風を通さず、寒くありません。冬の暖かい日であれば、これ一着で外出できてしまいます。さすが、フィッシャーマンのためのニットです。

また、フィッシャーマンニットの特徴である前後同じ形を踏襲しているところも、”本物の道具感”が出ていてとても良い感じです。前後同じ形なので、下の写真のように前身頃に独特のゆとりができるのですが、その感じも素敵です。
IMG_4468

久しぶりに、PH・おでこ靴以外の服を買いましたが、とても大当たりの買い物が出来ました。とても気に入っていて、購入して以来、毎日のように着ています。

でも、このニット、1だけ弱点があります。いつも来ているPHに全然似合わないのです! なので、古いバブアーを引っ張り出してきて、合わせて着ています、、、、 このニットに合う、普通のアウターが欲しいところです。

Basic&Favorite
 
 

ANDERSEN-ANDERSENの商品を見る


 ▶︎ Amazon
 ▶︎ 楽天


2016-01-12 | Posted in Basic, Basic&Favorite, Blog, Jacket & Knit4 Comments » 

 

2015年振り返り

Basic&Favoriteです。

もう大晦日ですね。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

私は、この一週間時差ぼけで、ずっと気分がすぐれなかったりボヤッとした時間を過ごしてしまいました。時差ぼけに加え、帰国直後に引いてしまった風邪も長引き、あまり外に出られないストレスのたまる日々を過ごしていました。(去年も、休みに入ってすぐに、インフルエンザにかかるという、なんともイマイチな冬休みを送っていました。どうも、私と冬休みの相性は悪いです、、、、)

でも、一週間経って、ようやく時差ぼけ&風邪が良くなってきました。今日あたり気分転換に、Arkでも覗いてみるつもりです。

さて、今年最後の本投稿。1年の振り返りをしたいと思います。
 

買ったもの


<2015年に買ったもの>
 (1)Full Count / 0105XX Jeans
 (2)m.a+ / Derby Shoes
 (3)Red Wing / Iron Ranger 8111
 (4)Jutta Neumann / Alice
 (5)Alden / 990
 (6)C-DIEM / S52M 6 hole Boots

今年かったものは、上の6つなのですが、ほとんど靴ですね。Arkの店員さんにも、”靴を買わなければ、PH買えちゃいますよ!”とよく言われます、、、、

ところで、昨年の振り返りの中で、下の3つを今年の目標にしていました。(1年ぶりに振り返りました、、、汗)
 1.ポールハーデンを買わない
 2.おでこ靴を買わない
 3.Basicよりの服を買う

”1.ポールハーデンを買わない”は、目標達成することが出来ました。というか、軍資金がなかったのと、”お金無くても買うしかない!!”、と思うPHに出会わなかったので、なんとか目標を達成出来ました。(ちょっとだけ、家族の信頼を取り戻せているようです、、、)

”2.おでこ靴を買わない”は、完全に約束を破ってしまいました。m.a+のダービーシューズに、カルペディエムのおでこブーツ。もうすでに構成員はたくさんいるB&Fおでこ靴軍団ですが、今年も2足のおでこ靴が新たに入団することになりました、、、、、(とくに、C−DEIMのブーツは、奇跡の出会いだったので、しょうがないですね。)P1190103

”3.Basicよりの服を買う”は、少しだけ達成できたと思っています。Alden990、ユッタのサンダル、レッドウィングのアイアンレンジ。PHとおでこ靴の自縛から、少し解放することができた1年だったかもしれません。来年もこの調子で、少しベーシックな服を買い足して、コーディネートの質を上げることができればなあ〜、と思っています。P1190097
 

大人のワードローブ構築の現状


ほぼほぼ出来上がった自分のスタイル(PHにおでこ靴、白シャツにジーパン)で、いつも過ごしていました。よく行くArkの店員さんからは、”いつもの格好ですね” と言われたりもします。それだけ、PH+おでこ靴のコーディネートが自分のユニフォーム的な感じに馴染んできた1年だったかもしれません。

それに、コーディネートに無くてはならないおでこ靴を、2足追加出来たので、ワードローブがちょっとだけ深化したような気がしています。(おでこ靴は本当に打ち止めにしないといけませんね。ただ、もう1足Atrumで予約しているおでこブーツがあります、、、結局懲りない私です。)
 

来年は?


今年は、昨年からの流れを踏襲する今年でした。

ただ、来年はちょっと違うスタイルにも挑戦したいと思っています。イメージは、ベーシックよりのアイテムでコーディネートし、誰の目にも”感じいいよね!”と映るような感じです。

ちょっと分かりにくいと思いますが、ベーシックなアイテムを普通に着こなせるようになりたいです。ここ2年、PH・おでこ靴と個性の強いアイテムばかりを好んで着ていたので、その反動かもしれません。

(具体的でなくてゴメンなさい。私の中でも、ちょっとぼんやりしている感じなので、)
 

さいごに


今年も、ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

後半は、2ヶ月も投稿しない時期がありました。更新を楽しみされているみなさん、ゴメンなさい。今年はちょっと仕事が忙しすぎたということで、お許しください。

今年は、憧れだったロンドンに行くことが出来、ロンドン関連のネタのストックが少々あります。年始はその貯金を使って、週1回更新を目指したいと思います。年始以降も週1回更新できたら良いのですが、、、2月ぐらいには、ネタ切れになっていそうです。

それでも、なんとかネタを絞りだして、投稿を続けたいと思っています。たまに洋服とは全く関係のない投稿をしてしまうかもしれませんが、暖かい目で見ていただけると幸いです。

とここまで書いて気づいたのですが、去年の振り返りとほとんど同じことを書いてしまいました。コメントもネタ切れ中のようです、、、。

それでは、良いお年をお過ごしください。

Basic&Favorite


2015-12-30 | Posted in BlogNo Comments » 

 

日本よりかなり安い! ! ロンドンでジョンロブを買いそうになっちゃった・・・

Basic&Favoriteです。

今回は予告通り、”ロンドンでジョンロブを買いそうになっちゃった・・・”について、少し書きたいと思います。

John Lobb.002

ジョンロブは、いつかは手に入れたい憧れの靴です。

そのお値段と、今は買っても履く機会が少ないんじゃない?、という理由で、当分は憧れのままにしておこうと思っていました。

でも、その憧れのままでいいんじゃない?という気持ちが、だいぶ揺らいでしまいました。ロンドンのジョンロブのお値段は、日本よりかなり安かったのです、、、

ロンドンのジョンロブは、ピカデリー大通りの一つ南のJermynストリートにあります。紅茶で有名なFortnum&Masonのすぐ裏手になりますので、ピカデリーサーカスからFortnum&Masonを目指して行けば迷わずに行けます。

ちなみに、Jermynストリートは靴好きにとって天国のような通りです。ジョンロブ以外にもJMウエストン・クロケット&ジョーンズ・トリッカーズの路面店があり、この通りだけでもかなり買い物が堪能できます。

とりあえずロンドンに来たらジョンロブでしょう!っと、ウインドウショッピングのつもりで立ち寄ったジョンロブでしたが、その値段を見て一気に”買いたいモード”と突入してしまいました。

どのぐらい安いかというと、まず、CityⅡ。jonn2.001

そして、PhillipⅡ。jonn2.002

という感じでかなり安いです。とくに高級紳士靴界の頂点に君臨するPhillipⅡは、国内外の価格差があり、かなりお買い得感があります。(それでも高いけどね。)

この値段を見て、PhillipⅡを買う事は決定! あとは、色をどうしようか?と、ちょっと考えたかったので、店員さんに”妻と相談して、また来るね。”と言って、その日はお店を後にしました。

そして翌日、色を決めた私はお店に向かったのですが、悲劇がおこりました、、、、、、

なんと、翌日の日曜日、お店が休みだったのです。(涙)

キリスト教では日曜日は安息日。家でゆっくり過ごしたり、教会に行ったりするのが、日曜日なのです。なので、ヨーロッパでは結構日曜はお店が閉まっていることが多いです。数年前のフランクフルトでひどい目にあったので、覚えていたつもりなのですが、まさかロンドンの真ん中にあるジョンロブまで日曜が休みとは!? 完全にリサーチ不足でした。(ていうか、ジョンロブの店員さん。”明日休みだよ” って教えてくれればよかったのに! ポールのブレザーとおでこ靴の私は、完全に冷やかしに見られたようです、、、)

みなさんもヨーロッパでショッピングされる際は、日曜閉まっていることがありますので、お気をつけください。

最後に、未練たらたらではありますが、購入する予定だったPhillipⅡの写真を載せて、本日の投稿は終わりにしたいと思います。

Basic&Favorite

IMG_4388(こういうトラディショナルな靴を、サラリと着こなせる人が大人なんのでしょうが、その領域には行けそうもありません。今の私には分不相応の靴ですね。)


2015-12-29 | Posted in BlogNo Comments » 

 

This is London(旅の思い出)

お久しぶりです。
Basic&Favoriteです。

前回投稿から約2ヶ月。だいぶ時間が空いてしまいましたね。

インスタグラムの方には少し投稿しましたが、イギリス出張・アメリカ出張が続いて、とても忙しい日々を送っておりました。

計算してみると、9月以降の4ヶ月間のうち、海外にいたのがなんと7週間! 半分は、海外にいたのかと思うと、自分でもびっくりしてしまいます。普段は海外とはあまり関係のない仕事をしているのですが、今回は信じられないぐらい海外出張の案件が集中してしまいました。たぶん、来年は1回も無いでしょうね。

(海外出張と聞くと、”いいね! 私も行きたい!”という同僚もいますが、私にとっては地獄です。時差・言葉の壁のストレスがすごく、帰国後必ずと言っていいほど、体調を崩します。この投稿も時差ぼけで気分がすぐれない中、リハビリを兼ねて書いています。)

大嫌いな海外出張続きでしたが、ロンドン出張だけは結構満喫してしまいました。

ロンドンは、以前から行ってみたい街の1つでした。好きなBarbourやSmythsonなどが生まれた国に行ってみたかっし、ビートルズが数々の名曲を生み出したアビーロードスタジオも行ってみたい場所でした。

何年か前に本気で行こうとして、”個人旅行”を読んでいたこともあるし、少し前には松浦弥太郎さん訳の”This is London”を買って、たまに眺めていたぐらいです。

This is London

なので、ロンドン出張の話が来た時は、とても嬉しくなってしまいました。そして、土日をロンドンで過ごせるようにうまく出張の日程を調整し、ロンドン観光をたっぷりしてくることができました。

前置きが長くなってしまいましたが、旅の記録を残しておきたいのと、みなさんと共有したい情報も少しありますので、これからロンドンの旅について何回か投稿したいと思います。

1回目の今回は、ちょっとベタですがロンドンの名所編。”This is London”で紹介されていたところをメインに、ロンドンの観光地を回ってきました。それでは写真をメインにご覧ください。

Big Ben
BIG BEN

ウエストミンスター寺院
westminster

バッキンガム宮殿
バッキンガム宮殿
バッキンガム宮殿2(赤い制服を着ている姿が有名ですが、冬なのでグレーのコートを着ていました。)

フィッシュ&チップス
F&C(以外に美味しかった。白身魚を揚げただけなので、美味しいのは当たり前?か。)

ダブルデッカーバス
DDバス(車好きの息子のために、写真をパシリ。)

今回の投稿はこんな感じで終わりにしたいと思います。単なるロンドンの名所の写真メインになってゴメンなさい。ブログリハビリ中ということで、こんな投稿もお許しください。

次回は、少し洋服に関連した投稿をしたいと思います。次回”(仮)LondonでJohn Lobbを買いそうになった!?”について、投稿したいと思います。

Basic&Favorite


2015-12-27 | Posted in Blog, くらしNo Comments » 

 

松浦弥太郎さんの -くらしのきほん- が、素敵すぎる!

もう、みなさんご存知かもそれませんが、松浦弥太郎さんが -くらしのきほん- なるブログに近いコンテンツというか、メディアを始められています。これがすごく素敵です。

暮らしの手帖の編集長を辞められて、CookPadに入社されていたのは知っていたのですが、8月ごろから、 -くらしのきほん- を始められたようです。
くらしのきほん2.001
CookPadなので料理にかんする投稿が多いのですが、それだけではなく、衣食住・暮らし全体についてためになる情報が投稿されているので、とても面白いです。ぜひ、チェックしてみてください。

内容は、”暮らしの手帖”をWebコンテンツで展開している感じなのですが、”ライブ感”があります。朝・昼・晩の1日3回、松浦さんからの短いメッセージを見ることができ、松浦さんの活動をライブで見ているようで、嬉しいです。(糸井重里さんの”ほぼ日”の”今日のダーリン”に、似ています。。。)

ちょっと余談ですが、-くらしのきほん- を見ていて発見したことがあります。”収納のきほん”とう投稿で、ポールハーデンのジャケットが密かに写っています。(たぶん、15SS、と15AWのブレザーかと思います。)写真のほとんどは、松浦さんの私物を撮影したもののようなので、多分松浦さんの私物だと思います。”松浦さんも新作のPHを購入している!”と思うと、やっぱり欲しくなっちゃいますね。

収納のきほん.001

さらに余談ですが、松浦さん自身が、instagramされています。Webコンテンツを始める際に、始められたようです。こちらもマストチェックですね。

 リンク:松浦弥太郎のinstagram

(投稿頻度は低いですが、私もinstagramをやっています。フォローいただけると嬉しいです。リンク:Basic&Favoriteのinstagram

Basic&Favorite


2015-10-31 | Posted in Blog4 Comments »