Free&Easy 12月号:ポールハーデンがたくさん掲載されています

P1160600

おはようございます。
Basic&Favoriteです。

本日は、雑誌のご紹介を。

いつもコメントをいただいている方からご紹介いただいたのですが、今月のFree&Easyにポールハーデンがたくさん掲載されています。

表紙のMacコートに始まり、P32〜34の藤本やすしさんのコーディネート、またP100からの小野里稔さん自身のポールハーデンコレクション(総勢6着のPH)。

とくにP32の藤本やすしさんの上下PHのセットアップのコーディネートは、一見の価値があります。(このページのみ、永久保存することにしました。)

メンズブレザーに、ボトムスはサスペンダーつきのワイドパンツのコーディネート。

これまで、いろいろな外国の方のPHの着こなしをネットで見てきましたが、藤本やすしさんのコーデのバランスは、私の中ではNo.1コーディネートです。(ポールはサイズ感や着方によって、いろいろなバランスになるのですが、藤本さんのバランスはほんとうに素晴らしいです。)

ここ数年、ポールハーデンを雑誌で見ることって、ほとんどないと思います。それは、ポールハーデン自身のブランドの意向もある思いますが、そもそも雑誌って、洋服を売るための宣伝的な役割があると思うのですが、ポールはあまりに少量生産なのと熱狂的なファンがたくさんいるので、宣伝の必要がないので、雑誌にはほとんど掲載されません。

(ポールハーデンを雑誌に掲載すると、雑誌が発売されることには、雑誌に載っている服は売り切れ状態、みたいな感じになります。)

ポールハーデンを雑誌で見るときは、業界人のワードローブ紹介の時のみなのですが、今月のFree&Easyほど多くのPHを掲載した本は見たことがありません。

PHファンはマストバイの雑誌になりますので、チェックしてみて下さい。

Basic&Favorite

PR



関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2014-11-04 | Posted in Blog6 Comments » 

コメント6件

 sthm | 2014.11.04 9:51

B&Fさん、こんにちは。

返信ありがとうございます。

藤本やすしさん、ホントかっこいいです。ポールハーデンを自分のスタイルに取り込んだ、見事な着こなしですよね。

著名人が着こなすポールハーデンというと、ブラッドピットや、現在世界で最も注目されているメンズ・クリエイティブ・ディレクターのニック・ウースター (NICK WOOSTER) なんかが有名ですが、これってありなのというのが、ジョン・ガリアーノの着こなしです。現在、マルタン・マルジェラのクリエイティブ・デザイナーとして返り咲いたガリアーノですが、問題発言で世間を騒がせる少し前に、ニューヨークのWWDの記者に「今もっとも愛している服がポールハーデンだ」というコメントをしていました。当時パリコレに君臨していたガリアーノのこの発言が、ちょっとした話題になったのですが、その前後に撮影された全身ポールハーデンのガリアーノの映像が、うん⁈、という感じでした。
john galliano  paul harnden で画像検索してみてください、少し楽しめます(汗)

話は変わりまして、快晴続きのこの3連休は、殆どPHブレザーのお世話になりました。PHブレザーの良いところは、夕方少し肌寒くなると襟を立てるだけで、首元が暖かくなる処ですね。

昨日出掛ける時、鏡の前で何だか何処かで見かけた着こなしだなぁと思ったら、B&Fさんのコーディネートそっくりでした。

50’S LeeのHBTホワイトシャツに、XXを軽くロールアップして、アディクト・ジャックパーセル・ネイビースエードを履いて、PHブレザーを羽織った姿は、まんまB&Fさんのコーディネートでした(笑)

そう言えば、B&Fさんが所有されているUSNサービスシューズは何年製ですか?

私も何故だか、全く同じ製造年で同じ会社で作られたusedとDead Stockを2足所有しております。
所有しているサービスシューズは1962年製のENDICOTT JOHNSON CORP社のものです。
全然違う場所で違う時に入手したのですが、偶然同じだったのです。

それから、B&Fさんにお知らせしたかったのが、今月号のクラッチ・マガジン CLUTCH MAGAZINE 12月号に、ポール・ハーデンの靴が紹介されていました。
p22〜23のザ ヘリテージポスト(THE HERITAGE POST)の編集長、ウヴェ・ファン・アフェルデン(UWE VAN AFFERDEN)氏の靴で、PH7のオックスフォードとバルモラルブーツ、PH3のオックスフォードとワークブーツ(ボリュームのあるオデコ靴で、レディースでは何度か見た事があるのですが、メンズでは初見でした)とこちらも中々の見応えがありますのて、是非ご覧になってください。

 Basic&Favorite | 2014.11.09 14:48

sthmさん、こんにちは。(返信が遅くなってすみません。)

情報ありがとうございます。

ニック・ウースターって人、格好良いですね。あまり知らない人だったのですが、グーグルの画像検索で格好いい着こなしがいっぱい出てきて、刺激を受けています。トムブラウンに代表されるトラッド・アイビーの流れの延長線で、ポールハーデンを着こなしているので、とても参考になりました。そして、オールデンが欲しくなりました。。。。(これまで何回か、オールデンが欲しくなる時期があったのですが、バリーラストのダブルソールのボリュームというか、無骨で男らしい感じが自分に合わない感じがして、これまでは買わずに来ました。)

ジョン・ガリアーノはとてもうけました。ジョン・ガリアーノがPHを着ると、ジョン・ガリアーノっぽくなるんですね。ウイメンズのブレザーをタイトに来ている感じは、とても面白いですね。いつも行っている宇都宮のARKの店員さんと画像を見て笑ってしまいました。ちなみに、少しまえにARKの店員さんとマルタンマルジェラのデザイナーがジョンガリアーノになるんで、どうなるんだろうね、と言う話で盛り上がりました。さすがに、マルタンの服としてデザインするので、それなりに服になると思うのですが、今から楽しみにしているところです。

こうしてみると、PHって、ほんと面白い服だと再認識しました。素朴な素材で特に目立つデザインを持った服ではないのに、幅広いジャンルの人が愛用し、モードの解釈で着る人も入れば、アイビーの解釈で着る人もいたりして。やっぱり、PH最高ですね。

クラッチマガジンもチェックしました。ヘリテージポストの人のシューズコレクションは、圧巻でしたね。いつか!と思っていたPH7のブーツが欲しくなってしまいました。ひそかに消費税増税を理由に妻の購入の承認をもらおうかなと、作戦を立てています。それと、おでこ靴は初見でびっくりしました。あんなラストがあるんですね。おでこ靴マニアの私としては、とても刺激が強い靴でした。。。。

それとご質問のUSNのサービスシューズですが、多分現行品だと思っています。数年前、OKURAの2階のオールデンコーナーの横にちょこんと飾ってあったのに一目惚れして購入しました。サイズもある程度揃っていたので、現行品だと思っています。ファクトリーは、Cove Shoe Companyというところです。

 sthm | 2014.11.10 9:42

B&Fさん、こんにちは。

返信ありがとうございます。

やはり、ジョン・ガリアーノうけますよね。

先日リニュアルしたUAに行った時、丁度ニック・ウースターが来日していて、ポギー小木氏と一緒に店から出て来る所に偶然出会しました。ニック氏の着こなしテク中々良い感じでした。

私も何度かオールデン熱が高い時期がありましたが、現在完全に治まっています(笑)

第一弾が二十代後半の時で、バリーラストの990プレントウに始まり、同じくバリーラストのサドルシューズ、アバディーンのタッセルモカシン、バンラストのコインローファーに行き着いた処で、足に痛みを感じ始めました。後々解ったのですが、どうもサイズをハーフサイズからワンサイズ小さめを購入していたようなのです。という事で泣く泣く上記の4足を手放すことになってしまい、暫らくオールデンから遠ざかっていました。

ところが、ある日とあるシューズショップで偶然目にしたワインカラーのコードバンのトリッカーズに気が惹かれ、軽い気持ちで足入れしてみると、まるで自分のために用意されたラストで作られたかのような履き心地で、そのまま購入してしまいました。

それから暫くトリッカーズに嵌ったのですが、最初に購入したホーウィン社のコードバンで作られたカントリーがお気に入りで、今度はコードバン熱が、異常な盛り上がりを示し始めました。当然、ホーウィンのコードバンと云えばオールデンです。という事で、オールデン熱の第二弾が始まりました。

今度はサイズミスがないようにと、ラコタハウスでサイズ計測をして貰うと、何と私のサイズは 8 1/2 でした。それまで、7 1/2 を中心に 8 までを購入していたのですから、足が痛いはずです。因みにトリッカーズは 8 なのですが、UKサイズの 8 はUSサイズの 8 1/2 だった訳ですから、痛みがあるはずがない訳です。(ハーデンはUKサイズですが、PH7は 7 1/2 がベストサイズで、PH3は、何と 7 から 7 1/2 、8まで履く事が出来ましたが、ここ数年購入したものは、全て8です)

それからというもの、バーガンディのタンカーブーツに始まり、同じくミリタリーラストのシガーコードバン・プレントウ6インチブーツ、モディファイドラストのフルブローグ6インチブーツのブラック・コードバン、同じくモディファイドラストのプレントウ6インチブーツときたところで、雨の日用に、ローデングリーンのレディカーフ・プレントウ6インチブーツを購入し、そして最後にヴィンテージ・ウエアのために、スティーブ・マックィーン好みのスナフカラーのスエード6インチブーツで終止符を打ちました。

コードバン熱はそれで終わった訳ではなく、その後もイタリアのタンナーのオレンジカラー・コードバン(シーシェードという色に少しマルーンを加えた様な色です)を使用したトリッカーズ・カントリーを購入し、最後にアレン・エドモンズのleeds9501(まるで、オールデン990)を購入してやっと治まりました。という事で、11足のオールデン、トリッカーズ、アレンエドモンズのうち、7足がコードバンという悲惨な結末と相成った訳です(汗&笑)

一時オールデンから離れていた時に嵌ったのが、サービスシューズでした。高校生の時に手に入れたレッドウィングのポストマンシューズが始まりで、ダービーシューズのデザインのシンプルさと、足入れの良さが凄く気に入っていました。そして、その良さがそのまま古くなったものが、USNサービスシューズでした。そして、その足入れの良さが、オールデンのミリタリーラストへと繋がっていったのです。旧いサービスシューズを捜し始めたのは、古くなればなるほど、アッパーの革やステッチなどの仕上げがどんどん良くなり、40年代位まで遡ると全てに於いて垂涎ものクラスになります。ところが、コンディション&サイズ&プライス面で入手が大変困難になってしまいます。50年代後期から60年代中期くらいのものであれば、まだまだ手に入り易いので、ちょっとした穴場な感じだと思っております。

B&Fさんの所有されているサービスシューズのメーカーのCove Shoe Company は政府関連に納品を続けてきたシューズメーカーですね。もしかしたら、製造年が確認出来るかもしれませんので、靴の内側にスタンプがあるようでしたら、ご覧になってみて下さい。
たとえば、Cove Shoe Company
DLA100-89-C-4XXX  89 SEPT 15
と入っていたら1989年に製造納品されている可能性が高いです。私の靴には、DSA-1-3776-62-E  DCTSC 31 JAN 1962  ENDICOTT JOHNSON CORP  と入っていますので、1962年に製造納品されているだろうと思われます。こういうところも、サービスシューズの面白い一面です。

実は、私もサウスウィックSOUTHWICK で作られたブルックスブラザーズのブレザーを愛用していまして、やはりUSA メイドのBD シャツに、ブラックフリースのタイを締めております。ダークグレーの古いLeeのフリスコパンツかディキーズに、足元はアレンエドモンズのブラックコードバン(快晴)か、USNサービスシューズ(曇or雨)というのが、定番の着こなしとなっております。

それから来週の土曜日、TBSの朝のトーク番組「サワコの朝」にPHブレザーを着用した糸井重里さんが登場します。偶々チャンネルを回していたら、次週の予告をやっていて、お、糸井さんもPHブレザー!という感じでした(笑)番組の公式HPでも、次週予告動画が観れましたので、お暇な時にでもチェックしてみて下さい。

 Basic&Favorite | 2014.11.16 8:13

sthmさん、こんにちは。

またまた、返信が遅くなってすみません。。。

糸井重里さんの情報、ありがとうございました。PHブレザーをゆったりめに着こなしてましたね。袖のところなどは、裏地の白い部分が見えるまで折り返してたりして。大人のPHの着こなしがとても参考になりました。あとはボトムスはジーパン、靴はDrマーチン?のボリュームがある靴で、ちょっと私のコーディネートに近かったので、ちょっと嬉しかったりもしました。(妻に”同じでしょ”、と言ったら、鼻で笑われてしまいました。”この人とは、格がちがうでしょう”的なかんじで。)

余談ですが、青山のコムデギャルソンで糸井さんをお見かけしたことがあります。コムデギャルソンでもPH売っているので、sthmさんから情報をもらったときに、”やっぱりそうなんだ。”と、変に納得してしまいました。

糸井さんもしかりですが、大人の芸能人(40歳以上)の方でPHを来ている方、多いですね。なので、私が着るのは分不相応かな〜、なんてちょっと思ってしまいました。。。。(でも、今日も、ブレザーを来て出かけます。)

オールデン病、sthmさんはもう経験済みなんですね。というか、すごいコードバンの靴のラインナップですね。うらやましいです。とくに今は、コードバン不足みたいで、まったくお店で見かけないから、余計にうらやましいです。。。。(私の行きつけのARKさんで9901を予約しているのですが、1年半ぐらいたっても、入荷の連絡がありません。こんなことなら、普通に買えるときに、なやまず買えばよかったです。) やっぱりコードバンって素材は、PHのツイード素材と同じような、深い魅力がありますよね。早く、1足手に入れて、その魅力を体験したいです。

サービスシューズですが、靴の内側にスタンプがありませんでした。やっぱり昔のヴィンテージでなく、現行品のような気がします。サービスシューズもXXと同様、ヴィンテージが良いんですね。なんか、スタンプされた型番など、ライカのレンズ(8枚玉レンズのシリアルナンバー的な物)に近いものを感じてしまいました。

sthmさんのおっしゃる通り、サービスシューズって、良いですよね。はきやすいし、ガラスレザー・ソールがとても雨に強く、天候を選ばない。アッパーとソールのバランスもよく、オールデンのどのラストの靴より、良いと思っています。このラストそのもので、オールデンからコードバンシューズを出してもらいたいぐらいです。そういえば、最近、サービスシューズが密かに評価されているみたいで、HYKE、アナトミカ、フートザコーチャーなどの、ドメブラがこぞってサービスシューズを作っています。

サウスウィック製のBBのブレザー、いいですね。私のは、BBですが、中国製のパターンオーダーです。最近、BBのお店で聞いたのですが、OWN MAKEという、Made in USAのラインが出来たみたいで、ブレザーはサウスウィック製だそうです。もうちょっと、早くOWN MAKEが出来ていれば、”そっちで買ったのに!”と、ちょっと後悔と言うか、ちょっと残念に思っています。もしかして、sthmさんのブレザーって、OWN MAKEだったりしますか?

 sthm | 2014.11.17 1:19

B&Fさん、こんにちは。

返信ありがとうございます。

糸井さん、良い雰囲気でしたね。
CDG青山店のそばに住んでらっしょるみたいで、奥さんの樋口さんが買い物されている時に遭遇した事があります。飼犬のブイヨンが店内を走り回っていたのには、目が点になってしまいましたが・・・(笑)

サウスウィック製のBBブレザーですが、すごく前に購入したものなので、OWN MAKE というラインではないと思います。でも、サウスウィック製のBBファンとしては大変嬉しいニュースです。数は少なかったと思いますが、2シーズンおきに、サウスウィック製のブレザーやスポーツジャケットが展開されていたと思います。BB青山、伊勢丹、丸の内なんかで、入手出来たので、よくチェックしていた時期に春夏、秋冬用に各一着購入しました。何れもMADISONフィットで、ボックス型段返り3つ釦センターベントです。春夏用に購入したブレザーは、ロロ・ピアーナのファインウールポプリンで、軽量で大変着心地が良いブレザーです。秋冬用は、多分カントリークラブというラインのブレザーで、サクソンウールの3パッチポケットに、BBオリジナルエンブレムが付いています。軽量起毛フラノは暖かくて、これも肌寒いこの時期には手放せない一着となっております。

BBブレザーにはBBのBDシャツを合わせるのですが、今でもUSA製のBDシャツの衿のロールは秀逸だと思います。オックスフォード地のホワイト、ブルー、ピンク、キャンディストライプのWXB、WXR は定番となっております。BB以外のBDシャツは、やはりアイクベーハー、インディビ、ギットマン、セロのオックスフォードのホワイトとブルーを気分によって合わせます。

B&Fさんが仰言っているように、本当にオールデンでサービスシューズのラストを使用したプレントゥがあったら、私も欲しいと思います。多分オールデンの現行品の中で一番近い存在としては、ミリタリー356Xラストを使用したプレントゥだと思います。アッパーには、990に使われているバーガンディか9901のブラックコードバンが奢られているのが良いですよね。コードバンという素材は中々の曲者ですが、一度嵌ると中々抜け出せないというのも事実だと思います。革の性質上こまめに手入れせざるおえないのですが、休日にクロスとクリームでピカピカに磨き上げるのは気分が良いものです。私はいつも、古くなったTシャツをカットしたものと、ポリッシングクロス、ソフトブラシ、オールデンのファインブーツクリームかモゥヴレィのアニリンカーフクリームと仕上げ用にアレンエドモンズのコードバン専用クリームを使っております。それともう一つ魔法のアヴィ・レザースティックも忘れてはならない名脇役です。というのも、ブラッシングした後に、クリームを薄く伸ばして塗り込んで行く時、ウォータースポットや擦れを発見するのですが、レザースティックでこれらのWスポットや擦れを整え消してから、仕上げに入るのです。コードバンの表面は通常の銀面ではないので、余り力を入れずに、優しく手入れしていく事が肝要です。撫でる様に磨いていくだけで、あのコードバン特有の深みのある艶が輝き始め、不思議な満足感を覚えるのは、コードバンのみのものだと思います。

話は逸れてしまいますが、もしお金に糸目をつけず、身に付けるものが購入出来るのなら、ロンドン・ロブでボックスカーフのオックスフォードを注文し、H プールでツイードのスポーツジャケットをオーダーし、パテックフィリップで 5196 か 5140 (汗) を買ってみたいものです(笑)というのは、夢のまた夢ですが、コードバン以外に所有してみたい革は、やはり最高級のボックスカーフだけです。眉唾ものの話かもしれませんが、一流のタンナーの革は、パリエルメスに納品され、靴用であれば、ロンドンロブに納品されるというのです。一度は最高級のボックスカーフの靴を磨いてみたいと思います。

それにしても寒くなってまいりました。のんびり出来る土日の朝は、ゆっくりと珈琲を煎れて飲むのが一つの楽しみです。行きつけの焙煎屋さんで、ローストしてもらった珈琲豆を、1950〜1952年の2年間だけ製造されたプジョーのG1という小振りな金属製のコーヒーミルで挽いて、旧いケメックスに装着した専用のペーパーフィルターの中に入れます。ゆっくりとお湯を注いでいくと豆が膨らみ、部屋中に珈琲の良い香りが充満します。旧いファイヤーキングのマグか、USNで使われていたパイレックスのアイボリーマグか、又はトードストゥール(毒キノコ柄)プリントのミッドウィンターのカップ&ソーサーかを選んで、少しお湯で温めます。傍らのルーシー・リーの小皿にクッキーを盛り付け、お気に入りのカップで珈琲を呑みながら本を読むのが、寒くなった秋から冬にかけての朝の最高に幸せなひとときとなっています(笑)

 Basic&Favorite | 2014.11.22 6:36

こんにちは。(いつも、返信が遅くて済みません。。。。)

あの”ブイヨン”を、見たことがあるのですね。うらやましいというか、私も1度会ってみたいです。今はあまり見ませんが、学生のころとか、社会人に成り立てのころは、日刊1101新聞をよく見てました、その中の”気まぐれカメラ”で出てくるブイヨンを見ながら、私も犬を飼うなら、こういう子がいいな、思ったりもしていました。(または、映画マスクの犬か、これまた映画のスナッチの犬、ちょっとぶさいくな感じが可愛い犬)

PHだけでなく、BBもかなりお好きなんですね。BBは表の定番・PHは裏の定番って感じですかね。

このブログ”Basic&Favorite”は、Basic(BBがその代表)どこに出ても誰もが良いと思う定番だけだとつまらない、Favorite(PHが代表)定番とは言えないが好きで好きでしょうがないもの、そのBasicとFavoriteでファッションを楽しめたら、大人の着こなしが出きるんじゃないかな?、をコンセプトにしています。

sthmさんは、私が目指すところにいるとうか、それ以上のレベルのように感じます。(まだまだ、初心者の私が言うのもなんですが、、、) なので、これからもいろいろ教えていただけると嬉しいです。

それと私も、究極は、ジョン・ロブのフルオーダーメイドです。形はストレートチップのCityⅡ。再来年(2016年)結婚10年になるので、その記念にready madeのCityⅡを買ってもらおうと企んでいる次第です。ちなみに、ロンドンのジョンロブとパリのジョンロブって、違うんですか? もともとは、ロンドンの靴屋さんで、今はエルメス傘下なんですよね。

これまた同じなのですが、人生最後に買う時計は、パテックフィリップの手巻きのカラトラバと決めています。でも、いつのことになるやら? Ref.5196か、Ref.5119あたりがいいなと思っています。でもやっぱり、男ならというか、グランドコンプリケーションは、いいなと思います。宝くじでもあたれば、Ref.5073、Ref.5271あたりを買いたいです。(夢のまた夢ですね、、、)パテックの時計は年々、値上がりしているので、早めに欲しいのですが、やっぱり手が届かないですね。。。ひそかに、嫁が、パテックのノーチラスを気に入ってしまい、ステンレススチールの一番ベーシックなものを一応予約しているのですが、1年以上たった今でも、順番が回ってきません。(人気があるのと、生産数が少ないためか) その間にもだいぶ値上がりしてしまいました。。。。でも、今すぐに届いても、購入資金が全然貯まっていないので、このまま順番待ちを続けた方が良いという状況です。。。。。

ルーシー・リーのお皿をお持ちなんですね。(やっぱり、業界の方なんじゃないですか? なんか全方位素晴らしいセンスで、うらやましいです。。。)

Comment





Comment