GINZA 2015年5月号:平林奈緒美さんの・・・

お久しぶりです。Basic&Favoriteです。

前回の投稿から、だいぶ時間が空いてしまいました。
(前回の投稿で、間違って写真だけの投稿になっちゃいました。。。)

今日、気分転換に行った本屋さんでGINZAの最新号を買ったので、その紹介をしたいと思います。

P1170719

私がフォローしている平林奈緒美さんの愛用されている服・靴が、見開き2ページにわたって紹介されています。(P104ー105)

紹介されていたのは12アイテム。白と黒のシンプルな、シャツ・パンツ。そして、私の大好きなC-DIEMのおでこブーツが紹介されていたので、立ち読みだけでは満足できず、買ってしまいました。

最新号なので、本屋さんにまだあると思いますので、気になった方は、ぜひ立ち読みしてみてください。

ちなみに、GINZAは750円。他にもたくさんの情報が載っているのですが、平林さんの2ページだけが見たくて買ったことを、妻に言うと、”意味がわかんない。立ち読みでいいでしょ?”との、ごもっともな意見。”でも、こういうのは、買っておかないとあとで後悔するから、、、” と苦し紛れの言い訳を。

でも、今回の最新号は違いました。

家に帰って読んでいると、加藤和彦さんと安井かずみさんの特集が7ページにわたって掲載されています。

コメントを頂いた方の紹介で、ちょうど加藤和彦さんの「優雅の条件」と「エレガンスの流儀」を読んでいたところなので、”なんて偶然!!!”と驚いています。

もうすぐ日曜日も終わりになりますが、休日の終わりを、加藤和彦さんと安井かずみさんの特集を読みながら、ゆっくり過ごそうと思います。(その前に、家族と餃子パーティーをします!!!)

Basic&Favorite
 

Ads by Amazon



関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2015-04-19 | Posted in Blog, Book4 Comments » 

コメント4件

 sthm | 2015.04.20 20:30

B&Fさん、こんにちは。

sthmです。

昨年来のPH熱再燃は全く衰える事なく、怒濤のPH購入が続いております。
あれから、ベンタイルMacコート1着に春夏物ベルトジーン1本が増えてしまいました。
と云うのも、メンズブレザーは仕事場にも着用していくのですが、プライベートでは、圧倒的にMacジャケット、Macコートを着る事が多く、PH着用率No1アイテムになっております。
夏以外の3シーズンどこに行くにもMacジャケットMacコートという感じです。
その中でも一番良く羽織っているのがベンタイルMacジャケットで、Macコートがショート丈になってチェンジポケットが付いているだけなのに、着ているだけでいつも気分がウキウキになってしまいます。
Macジャケット、Macコートは下に着用するアイテムがどんなものでもOKというところがとても重宝で好きな所ですが、それ以上に、最も敬愛する映画監督の一人、ジャック・タチの「ぼくの伯父さん」という映画が大好きだというのが、もう一つの大きな理由だと思います。もしB&Fさんがご覧になっていないのであれば、とても楽しいフランス映画の一つですので、是非ともご覧になってみて下さい。
春先と秋口はベンタイルのMacジャケットに2着のMacコートが活躍し、冬はそこにウールのMacコートが加わり4着のMacが着こなしの主役となります。Mac時々ブレザーと云うのが、基本ローテンションです。
今年はあと1着ベンタイルMacを買ってしまいそうな勢いです。(汗&汗)
実は昨年小さな断捨離を行なって初期のメンズブレザーとシューズを手放したのですが、それでもメンズブレザー7着にMacコート3着、Macジャケットにベンタイルパーカー、スウェードベストにニットが5枚、シャツ8枚にベルトジーン2本、シューズ6足と断捨離をしたとは云えない内容です。その時に何故か勢い余ってカルぺディエムを全て手放したのですが、結局PH資金となって消えてしまいました。

平林さん所有のカルペディエムはCDGとのWネームのものだったんですね。昔青山で見かけて、かなり気持ちが熱くなったのを思い出しました。
B&Fさんはすでにご存知だと思いますが、マウリツィオ・アルティエリが、新ブランド「メメントモリ」の展示受注会を「ジュン・ハシモト」のファッシュ・インターナショナルで4月22日から26日まで行うようです。3型9モデルをホーウィン社の皮革で展開するようで、気持ちがググッと持って行かれそうなのをじっと我慢しております。

やっぱり加藤和彦さんお洒落れですよね。「それから先のことは・・・」のジャケ写最高です!!
世の中やっと「Made in USA 2」 が発売されたばかりなのに、加藤和彦さんはビバリーウィルシャーホテルで真っ赤なダブルブレストのスーツにアディダスのカントリー、インナースリーブのポラ写はラグジャーにスニーカーと、後年、小沢健二や小山田圭吾に影響を与えたと言われるに足る風格とサウンドです。
私はこのアルバムとボサノヴァに真っ向から取り組んだ次回作の「ガーディニア」が大好きで、今でも天気の良い日曜日の午後にビールを片手に聞いちゃったりしています。
B&Fさんにもお薦めの2枚です。(笑)

 Basic&Favorite | 2015.04.24 5:40

sthmさん

こんにちは、B&Fです。(朝早くの返信すみません。)

おすすめいただいた「それから先のことは・・・」を聞きながら返信を書いております。(早速itunesで購入しました。)

実は、高校時代、フリッパーズ・ギターと小沢健二や小山田圭吾が一番好きで、CDが擦り切れるほど聴いておりました。(CDなので擦り切れませんが、、、) 彼らの音楽やファッションは、一番多感な高校時代に好きだったこともあり、今の私の趣味・嗜好のベースになっているきがします。とくに小山田圭吾の”あまのじゃく”的なところとか、斜にかまえた感じに、”悪い影響”を受けております。。。。

PH熱すごいですね。マックコートとジーンベルトとは、羨ましいです。ジーンベルトは、黒地に緑色の細いラインが入った生地ですか?先日、ドーバーストリートマーケットに行った際、密かに欲しかったロングコート(メンズブレザーの超ロング版)のマイサイズが売れ残っており、思わず買ってしまいそうになりましたが、なんとか物欲を押さえることができました。それ以来、PH病は小康状態です。

マックコートはやっぱりいいですよね。それだけで、雰囲気でるので私も重宝してます。ジャック・タチの「ぼくの伯父さん」、みたことありますよ。あと、シリーズもので何作かありますよね。あの、Aラインのコートは、マックコートそのものですね。

マウリツィオ・アルティエリが、新ブランド「メメントモリ」の情報、ありがとうございました。全然知りませんでした。数年前、「M_Moria」というブランドで靴を作っていたのは知っていましたが、またアルティエリが靴を作るとは、、、、テンションがあがちゃって、明日家族で展示会に行くことになってしまいました。(トホホです。。。)

電話で予約をした際に少し靴の情報を聞いたのですが、スクウェア・ポインテッド・ラウンドの3つのトゥがあり、私の好きなカルペのおでこブーツに似たモデルもあるとのこと。しかも、素材がすべてホーウィン社のコードバン。もう、テンションがあがっちゃって、困っています。でも、お値段は、想像通りのいいお値段らしく、展示会で靴をみても、妻の許可がおりないでしょう・・・・

ちなみに、こちらのリンク先で、展示会に行かれた方が撮った、靴の写真が見れます。この写真を見ながら、そのあまりの美しさのため、ため息ばかりでる時間を過ごしております。

http://ameblo.jp/mercury-nihei/entry-12017105244.html

さらに少しタイミングが悪く、先日15FWのA1923のおでこブーツを予約したばかりです。しかも購入の決め手となったのが、マテリアルがホーウィン社のシェルコードバンだったことです。もはや、絶滅したのではないかと思われるほど、ホーウィン社のコードバンの商品(とくにオールデン)を買うことができない今、”これを逃しては後悔する”と思い、m.a+の短靴を買ったばかりなのですが、予約してしましました。。。。。

そして、メメントモリも、ホーウィンのコードバン。う〜ん、悩ましいです。

メメントモリは、買うかわかりませんが、こちらは昨年からの”おでこ靴病”が、重篤化しております。

 sthm | 2015.04.25 9:44

B&Fさん、こんにちは。

sthmです。

PHのベルトジーンは、春夏に良く使われているサマーウールです。同素材のメンズブレザーとMacコートを所有しているので、気軽にコーディネート出来るという事で購入しました。もう少し経つと、ベルトジーンの上にコットンのプルオーバーニットを合わせたり、リネンのピークドラペルのような襟のカーディガンを羽織ったりし始めます。ベルトジーンの良い所はデザインがクロップドパンツなので、夏まで履ける所だと思います。私はいつも夏は、PHお得意のスタンプを押したようなプリントシャツの袖をまくって、ベルトジーンにPH3かPH7です。

流石に、真夏の一ヶ月弱はPHの出番は殆どなく、変わりに登場するのが、ユッタ・ニューマンです。
B&Fさんもご存知じだと思いますが、平林さんの買い物バカ列伝の左ページの上に紹介されているレザーサンダルです。このサンダルが魔物で、一度履くと病みつきになって、他のサンダルが履けなくなります。レザーサンダル界のロールスロイスという方もいらっしゃいますが、履き心地の良さは私にとっては最高の物です。少し大袈裟ですが、例えていえば、オールデンのモディファイドラストやニューバランスのような履き心地のレザーサンダルという感じでしょうか。夏の一ヶ月間はユッタ・ニューマンのアリス、フランク、ベンノという三足のサンダルに、シルバーのバベルがついたリストバンドを身につけております。その上ユッタのサンダルはヴィンテージウエアからハーデンまで、どんな服にも合わせる事が出来て、本当に重宝しております。

メメントモリの画像拝見しました。展示会に行ったら即予約してしまう程の、素晴らしい出来ですね~。思わず胸が高鳴りました。アルティエリのデザインとホーウィンのコードバンの組み合わせは、至上の美ですね。言葉を失うとはこの事だと思いました。最高の出来です。好きなモノが重なって、悩ましい程の魅力を放っているので、PH熱が再燃していなければ予約していたと思います。(汗&笑)

 Basic&Favorite | 2015.04.26 20:44

sthmさん

こんばんは、B&Fです。

sthmさんの夏のPHのコーディネート羨ましいです。。。素敵なコーディネートが目に浮かびます。私は、ブレザーしか持っていないので、もうそろそろPHのシーズンが終わり、シャツにジーンズにおでこ短靴の季節を経て、陸サーファースタイルで、真夏の暑さに臨みます。PHのシャツは行きつけの宇都宮のRipe Arkで行くたびに、”次はこれでしょう?”と進められるのですが、なんとか我慢している状況です。さらにPHお得意のプリントシャツは、ビビッとくる柄がリリースされれば、1着は持っておきたいアイテムなのですが、、、、ここ1・2年の値上がりで、到底手の届かないアイテムになりつつあります。(本当に強気の値付けは、困ったものです。)

ユッタのサンダルを履かれるのですね。ユッタは、妻がここ数年、毎年欲しいというので、探しているアイテムのですが、なかなか巡り会えずにいます。メンズのものであれば、同じくArkの系列店て取り扱いがあるので、密かに買おうかなという思いもありますが、やはり妻を差し置いて買うわけには行かず、毎年スルーしているアイテムです。でも、今年は、妻を差し置いて、買ってしまおうかな〜、なんて。

昨日、メメンモリの展示会行ってきました。いろんな意味で刺激的なものでした。

まず靴ですが、これまで見てきた、いわゆる”アルチザン系”とは、全く異なるもので、クラシカルでミニマムなものでした。形も、作りも素晴らしく、これまで見てきた靴の中で、一番感動しました。というか、靴を見て感動したのは初めてです。試着もさせてもらいましたが、フィッティング・履いたときの靴の姿も素晴らしく、今まで履いてきた靴とは、次元が一つも二つも上の靴でした。

それの感動に比例するかのように、お値段も素晴らしく、ラインナップの中の一番お値段の低いもので、m.a+の靴2足分以上!!! ある程度の値段は覚悟していったのですが、その予測を大きく上回るものだったので、予約するに至りませんでした、、、

それと、アルティエリ氏を直接観れたのが、とても刺激的でした。彼が醸し出すオーラがすごすぎて、話すことはできませんでしたが、彼の着こなし、履いていた靴には、衝撃を覚えました。噂には聞いていましたが、年取ったバックパッカーみたいな感じで、白髪交じりのドレッドを後ろで束ねた髪型。着古したTシャツにカラージーンズ、毛玉のついたカーディガン。それに、擦り切れてクタクタになった、自身のブランドのブーツ。コードバンなのに、磨いたりはせず、擦り切れた感じで。服に個性がなくても、アルティエリ本人からのオーラがすごく、その印象が強く頭に残ったまま、その衝撃が強すぎて、頭のなかが少し混乱している感じです。

まだまだ、展示会で感じた事が消化できないでいますが、とにかく靴とアルティエリ本人から、今年一番の感動を受けました。

妻は、予約しなかったことに喜んでいましたが、幸か不幸か、異なる価値感を知ってしまので、今後のワードローブ構築がどうなるか、全く自分でもわからない感じ、頭の中が真っ白になってしまった感じです。

”知らぬが仏”という諺がありますが、世の中には、知らない方が良いことがあるのだな〜、と感じてしまいました(笑)

Comment





Comment