MP-01 : Paul Harnden PH3 Oxford Boots

初期スコットランド製ブーツ PH3

P1160075

P1160081B

P1160047

P1160043

P1160037

ブランドについて
イギリスのハンドメイドシューズブランド。現在はメンズ・レディースウエアも展開する。1987年、Paul Harnden(ポール・ハーデン)がイギリス・ロンドンにてハンドメイド・シューズの制作を開始したことが始まり。
自然をテーマとし、洗いざらした様な素材感を巧みに生かしたウエアをはじめ、レザーシューズは軽さと丁寧ななめしによる柔らかさが特徴。そのシューズ、ウエアは共に最高品質のハンドメイド技術によって製作される。生産数は極わずかで、世界でも限られたショップのみで取り扱われている。
出典
ポール ハーデン シューメーカーズについて – About Paul Harnden Shoemakers | Fashionsnap.com

デザイナー
Paul Harnden(ポール・ハーンデン)
1959年 カナダ生まれ。
渡英後、Jimmy choo(ジミー・チュウ)、Patrick Cox(パトリック・コックス)らを輩出したコードウェイナー・カレッジにて靴作りの手法を学ぶ。
同カレッジを卒業後、イングランドの老舗シューメーカー「John Lobb(ジョン・ロブ)」で木型職人として働く。
1987年 ロンドンで手工業技術を用いた、靴の制作を始める。
1989年 スコットランド、アバディーンシャーに移住。
1998年 “クリエイターの街”と呼ばれるロンドン郊外にある海辺の街、ブライトンに移住し、工房を構える。


関連記事
Instagramをやっています
ブログではあまり取り扱わない、日々のコーディネートを中心に、写真を更新しています。
ブログ更新のお知らせにも使っていますので、フォローいただけると幸いです‼️

@basic_favoriteのInstagramをみる


PR
2014-08-24 | Posted in MASTERPIECE CATALOG(ENG)2 Comments » 

コメント2件

 質問させてください | 2016.05.06 6:44

こんにちは。
突然の不躾なお願いで恐縮ですが、PHの靴のサイズ感について教えていただけませんでしょうか。

PHの靴は、サイズ表記よりもワンサイズくらい大きめと聞いたことがありますが、実際のところどんな感じでしょうか?
他のブランドの靴よりもワンサイズくらい大きめということがありますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

 Basic&Favorite | 2016.05.09 2:35

PHのサイズ感なのですが、1足もPHの靴を持っていないので、よくわからないというのが本音です、、、、

この靴はサイズが合わなかったので買ってすぐ手放しました。レアで程度のよい初期スコットランド製の靴であったので、写真を撮って記録を残しておきました。

何回か試着したことがありますが、確かに表示より大きめの作りのような気がします。

唯一、なんとなくサイズ感がわかるのがPH7(トゥにボリュームがある)の靴なのですが、UK7だとちょっと大きく、6か6ハーフが自分のサイズかと思っています。(私の足のサイズは、実測25.5cm。C−DIEM、m.a+等のアルチザン系の靴だと、40がマイサイズです。)

PHの靴は、ジャケット同様、独特な作りになっていますので、どこかで実物を試着されるのがよいと思います。

あまりお役に立てず、すみません、、、、

Comment





Comment